10月, 2014年

10月を振り返り

2014-10-31

大型台風18号・19号が接近する予報にやきもきしましたが、当社の施設・車両・従業員の皆さんに損害や怪我が無かったことが何よりでした。ドライバー皆さんの安全運転の心がけと人・物への思いやう気持ちが無事故日更新256日となりました。まずは年内無事故日の継続を目標に安全運転で頑張りましょう。

私にとって、会社にとっても歴史に残る1ページが「全日本トラック協会全国事業者大会」で当社の安全構築について発表できたことは当社の今後の在り方に大きな意義をもたらすことでしょう。

今月は物流新聞で全トラ事業者大会の記事や当社の若手ドライバーの紹介記事(弊社HPメディアページで紹介) トラガールの取材(11月の新聞で紹介)を受けメディアで当社のPRが出来たことは嬉しい限りです。

離職者が出ることなく皆さんが働いて下さり感謝します。『ありがとうございます』会社も皆さんの安定した生活を守るべく安全対策、営業活動に誠心誠意取り組んでおります。嬉しいことに11月より新規大口の輸送が開始します。これも日頃からの皆さんの頑張りと信頼が功を奏す形になったと思います。輸送に当たっての指示等が発令されますが、お客様から『ありがとう』と言われるサービスを提供しましょう。ご理解とご協力をお願いします。

もう一つ嬉しいことであり、経営の助けとなる燃料が1L当たり5円程度値下がりホッとしております。燃料高騰(高止まり)は経営の悪化に繋がる要因の一つで燃料ディラーさんとの駆け引きが毎月続いております。省エネ運転励行よろしくお願いします。

さてさて、振り返ると結果充実した1ケ月に安堵する一方、年末に向けた繁忙期対策や、おざなりになっている問題点の早期改善などに取り組んで参ります。

11月に入るとアッという間に時間が過ぎて行きますので、計画を立て時間を大事に有効に使いましょう!(月間拘束労働時間遵守)

11月もよろしくお願いします。

 

オイルがない!?

2014-10-31

お昼も食欲の秋をリアルに表現して食べ過ぎた加藤です。

午前中はお腹がすきエンプティー状態でした。

午後はカロリー消化に全力投球です。

 

エンプティーでの話ですが、弊社はディーラーメンテナンス契約車輌以外は自分でオイル交換などのメンテナンスを実施しております。

メンテナンスサイクルをグリーン経営などを元に整備しております。昨日新車のオイル交換を見ていたら、2種類あるオイルの残量が・・・。ありません。

お恥ずかしい話、前回入れたものやその前にいれたドライバーが管理者に報告してくれれば良かったのですが、報告がありませんでした。

imageimage

そんな事が今後無いように、新たにお願いルールを作りました。

ゲージの一定量で報告してくれるようにPOPを取り付けました。

imageimage

 

これでドライバーさんから連絡をいただけること間違いなしです!

 

定期的メンテナンスは、環境や車輌を守ります。

千葉県・成田のお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

フィードバックとシェア

2014-10-27

まだまだ半袖のYシャツで過ごしている加藤です。東北は会津生まれのこともあり、寒さに鈍感です。事務員のおねーさん方には白い目で見られておりますが、そんな寒い空気にも鈍感です。

 

月初に外部講師の方からアドバイスをいただき、点呼時に掲げてある全体指示事項を日々変更することからある一定の期間実施するように変更しました。日々同じテーマに対して安全運転へトライする形となりました。

ドライバーはテーマに対して、日々何を意識するかを点呼者へ話て出発します。以前ですと、点呼者側から意識付けのテーマを投げかけておりました。この違いはシンプルで小さい事ですが、安全への意識はガラリと変わるのではないでしょうか。

10月は『停止線、正しく停止!』でやってきました。11月は『死角を無くし、巻込み事故ゼロ!』を掲げてまいります。

20141027_113523

今月にドライバーが注意し運行していた内容を、全員で共有する事も始めました。これにより、ベテランの意識などを真似をして安全運転に心がけてくれると思います!

 

千葉県・成田のお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

第19回全国トラック運送事業者大会の記事がアップ!

2014-10-25

二日間の雨にすっかり冷え込んだ成田空港でしたが、本日は雲一つない快晴です。

ドライバーの負担と危険度は増しますが、木の葉の色が綺麗に黄色に変えてくれる点は良いものですね。週末は紅葉が見頃ですね。

先週の16日の物流ニッポン新聞に、月初にありました第19回全国トラック運送事業者大会の記事が掲載されておりました。大きなイベントでもありましたが大きく載っており嬉しいですね。

第19回全国トラック事業者大会

開催日より数ヶ月前から弊社代表沢田と打ち合わせ。

弊社の安全運行できている理由を探す ⇒ プレゼン資料に落とし込む の繰り返しでした。 お恥ずかしい話、今までの全国トラック事業者大会に参加した事もなくイメージや会場の雰囲気もよく分からい状態でスタートした。当日の分科会のコーディネーターの株式会社プロデキューブの高柳様にもご教示頂きながらなんとかパワーポイントが完成! あとは話し手にかかってくる。そんな状態でしたが、当日までに何度も何度も独りリハーサル!?をやっている沢田がおりました。当日は1500名程の会場でしたが、流石!代表です。

記事にもありますが『愛社・愛車・愛者』、運輸支局の監査・労働基準監督署からの監督を受け、変わらなければならい!変わるんだ!と経営者が意識を変えてより良い方向へ梶を切っていく。そのようなモラルが必要であると話しておりました。

大会参加者の方々に弊社の安全へのベクトルが伝わったのではないでしょうか。

 

大会を通し色々な考え方や手法もたくさん得れました。しかし、舌の根も乾かず先に進んでは意味がございません。今やるべきことを確りと実施し、基礎がためをしていけば自ずと安全と物流業界に良い光が射し込むのではないでしょうか。

安全活動の一つ!毎月のスローガン!!! 作製中です。

image

 

千葉県・成田のお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

視察から学ぶ!

2014-10-24

この10月は多岐にわたり学んだひと月でした。10/21・10/22の両日大阪でのセミナーと先進物流企業視察があり参加して参りました。

FLS(船井総研)は運送事業者の経営者や経営に携わる役職に就いている方が中心に、各々の企業の情報発信はもとより情報の共有そして新たな学びを得る勉強の場です。

セミナーの講座で注目したのは『女性活用を考える』女性の社会進出とキャリアは社会に定着しておりますが、運送業界は、まだまだ、男社会の業界のひとつにに挙げられると思います。安倍内閣で5人の女性閣僚(2人こけました)に象徴される女性の活用が成長戦略の目玉であります。国交省では『トラガール促進プロジェクト』として元気に活躍する女性ドライバーを社会に発進する。業界の人材不足やイメージ改革に繋がる事に期待し応援したいと思います。当社にも1人女性ドライバーが(トラガール)おり、本日物流新聞の取材が入ります。

人材の採用に苦慮していると言う声を様々な場所で耳にします。『嫁ブロック』って何でしょう?ピンと来ませんでしたが、面接後採用したところ「妻が反対するので内定辞退します」ある!ある!当社でも数人この様なケースで採用できなかったことがありました。奥様の影響力がご主人の仕事に影響が及ぶのですから奥様であり家族へのケアや情報発信が重要になります。奥様がご主人の働く会社の環境を知るのは厳しいと思いますので、ホームページコンテンツで家族向けのメッセージや安全対策等について発信したほうが良いですね。

2日目は今回の目玉となる「先進物流企業視察セミナー」です。船井総研さんが選びに選んだ選りすぐりの企業視察にはワクワクします。4社視察しましたが共通する点は会社理念の基、お客様を第一に考えサービスと品質の向上を常に取り組んでいることです。5S活動(清掃・整頓・整理・清掃・躾)の徹底振りは見事なものでした。1社目に視察した工作機械の問屋さんは、お客様のかゆい所に手が届く商法が顧客ニーズにマッチし、会社の発展に大きく貢献しているなと率直に感じます。

2社目の自動車修理工場は運営母体が運送会社なので同業者の悩みのタネを解決すべく24時間365日の営業体制は頼れる存在です。

3社目のバイク便の会社は創業社長のサラリーマン時代の困った経験を活かして起業され、社長のバイタリティーと発想力で数社の会社設立(グループ)された手腕には敬意を表します。

4社目の企業は大手の物流事業者で顧客先の構内作業の請負が多く人材の育成を目的に自社で研修センターを運営されています。『安全第一』『整理整頓」が徹底された社風が伝わってきます。

目を見張る視察に感化され、弊社でも取り組む姿勢(チャレンジ)を大事に出来る事から落としこんで行きたいと思います。

最後にFLS新会員さんやオブザーバーの方々と新たな出逢いに感謝します。

20141024_094600

若い芽と共に育つ!

2014-10-23

朝夕の温度が冬を感じさせるくらい寒くなってまいりました。

成田もイチョウの葉が鮮やかな黄色です。

植物は春に芽吹き秋に実ります。

 

弊社にも若い芽が多くおりますが、社内教育や外部機関の教育を活用しながら共に学んでおります。

彼らは納得するまで質問があり、教育する管理者の我々も正確な回答を求められます。おかげで深く理解するチャンスが多くあり、本当に互いに学んでいる感じがあります。前回の飲酒運転撲滅講演会の際、彼らが取材を受けておりました。そちらの記事が10月20日号に掲載されました。物流ウィークリー

 

20141023_120425_Android

 

記事を読んでみると3人とも『いったことがない所にも行ってみたい。』とありました。北海道や沖縄、四国、九州!お仕事があればご相談ください。弊社のフレッシュスタッフが配送致します!

 

千葉県・成田市のお荷物・貨物のお問い合わせは

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

第19回全国トラック運送事業者大会 第1分科会パネリストとして参加

2014-10-14

先週の10月9日 トラックの日!各地で運送事業者の方たちや協会の方々と広報活動をされたと思います。

image

※各都道府県トラック協会の主な活動はこちら

弊社は、全日本トラック協会様より『第19回全国トラック運送事業者大会 第1分科会パネリスト』の御依頼を代表取締役沢田が賜り、毎年のテーマについて話をする分科会に発表致しました。

【分科会】

第1分科会
テーマ「トラック業界の交通安全対策の推進について」

DSC_0015

コーディネーター:

株式会社プロデキューブ

代表取締役 高柳 勝二様

パネリスト:

株式会社丸山運送 運行管理室長 丹野 秀行様

弊社 ロジックスライン 代表取締役 沢田 秀明

久保運送株式会社 代表取締役 久保 満様

00002.MTS_000436832

各三社の取り組みを持ち時間で、熱く熱く発表してまいりました。

株式会社丸山運送 丹野様は、自社での事故を経験。左前輪に輪留め徹底しそのまま後方に行き安全確認し運転席まで一周するお話、ドライバー志望できた元事務員の女性スタッフ。大型免許証を持っているが経験ゼロ!からの『ドライバーになりたい夢』をサポートし見事にトレーラーを運行するまでになったトラガールのお話でした。

00002.MTS_00046111400002.MTS_00091894100002.MTS_000962843

久保運送株式会社 久保様は、一番はお客様が幸せになる。そして自分たちに帰ってきて幸せになる。を元に安全を意識しているお話。

久保運送様は、運送から建築現場の作業まで請け負う会社です。お付き合いのあるハウスメーカー様と安全や建築技術の大会に参加し2年連続優勝した話。これには苦い思い出があり大会初年度の時、経営者から本気ではなかった為、納得のいく評価ではなかった。この思いから次回は絶対に優勝する!と決めお客様と、スタッフ全員で優勝を目指したそうです。その結果、大会開催2回目と3回目を連覇する大変高い安全教育を成し遂げられたお話。バック事故が多い事からバック禁止を実施、運行ルートや施設内での車輌導線の確認をして、バックをしないで良いように停止するなどを実施しているお話等伝えておられました。

00003.MTS_00026068000003.MTS_00037796000003.MTS_000611900

弊社沢田からは、三つ愛社・愛車・愛者。①会社を好きになってもらう。②車を大事にしてもらう。③人を大事にする。この三つをバランスよく向上して安全に努めている話。まず愛社精神で事故減少!『働きやすい環境を作る』厚生年金や社会保険の整備する。次の愛車精神で事故減少。『納車式は、安全の誓い』これにより自発的に車輌のメンテナンスや洗車など美化に努める意識が芽生える。最後の愛者、日々高齢化となっており運送事業業界もドライバー不足、高齢化している。しかし、若いドライバーも環境を整えて長いスパンで育て上げる事で若い芽が育ち安全の質が向上してくる話。労働監督署や支局の監査から『経営者が変わらなければならない』小さな会社でも変われる!と言う話を会場の皆様にお伝えしてきました。

00002.MTS_00141393000002.MTS_00187318100003.MTS_000013920

発表の後に、コーディネーターの高柳様から幾つかの質問が各社にあり、会場が聞きたい事を突っ込んで聞いておりました。丸山運送様へ左前輪へのこだわり!トラガール育成。 久保運送様へ荷主様からの評価を頂いた安全と建築技術の大会への取り組み荷主様や地域の方々にやっておられる奉仕活動や周りが幸せになる活動の先にある物は?などの質問。

弊社へは、監査などから変化、小さい会社でも変われる!労基や支局に出向き改善が必要ではないか?と思うものを各所で質問し、理解するまで追求して自社運行管理に落とし込む取り組み。ドライバーとディスカッションし『なぜ事故が少ないのか』について。事故を起こさないためのやるべき安全を考え共有し教育する取り組み。

会場からはそこを詳しく聞きたい!と考えておられる方が多い質問でした。80分の中身の濃い第一分科会の発表はあっという間にでした。

DSC_0090

今後の運送事業界における安全への取り組みや発展の為の良い会だったと思います。

私、加藤も発表に対し資料や自社の安全への取り組みの再度確認、出来ている事・出来ていない事のブラッシュアップも出来ました。これからも弊社ロジックスラインは重大事故はもちろんの事、事故ゼロへ努めてまいります。

千葉県・成田市のお荷物・貨物のお問い合わせは

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

第19回全国トラック運送事業者大会IN福岡

2014-10-14

私の人生の転機と言っても過言ではない現実が起こりました。それは、我々運送事業者が加入している県トラック協会の上部組織であります全日本トラック協会様が主催する最大イベントが年1回行われる『全国トラック運送事業大会』です。今回は10月9日(トラックの日)に九州福岡県で開催されました。来賓の方は国土交通省・福岡県知事・福岡市長・福岡県会議員・福岡警察本部・多数の企業・全日本トラック協会会長をはじめとする理事・各都道府県のトラック協会会長や理事など1500名が集いました。

そんな一大イベントに、私にも参加のお声が全日本トラック協会様からあったのが8月末のことでした。貴社の『安全推進』についてパネリストとして発表して頂けないかとの事です。寝耳に水とはこの事をいうのか?ハッキリ言って「何でうちなの?」ましてや大勢の方の前で発表なんか出来ないと思い一度はお断りも考えました。(お恥ずかしい話ですが極度の緊張人間で口下手なんです)断るのは簡単ですが、弊社が選出された理由がある訳ですか期待に応えるべく本番に備えました。(弊社は第一分会で『トラック業界の交通安全対策の推進について』宮城県・広島県の運送事業者様と3社が発表しました)

当日会場入りし、席に着席するまで 極度の緊張で顔はこわばっていたと思います。ここまで来たら今さらジタバタしても仕方が無いと思い、無心・開き直りでやるしかないなと自分に言い聞かせておりました。私の発表が始まり緊張はありましたが何とか会場の皆様にお伝えできたのではないかと思います。発表の模様を収めたカメラ映像を見ると終始緊張している様子がヒシヒシと感じられるのです。もう少しリラックスして抑揚を付けて話せたら良かったのになと思いました。(第一と第二分会に半々に分かれたので750人くらいの聴衆者)

千葉県トラック協会様から30数名が起こしになっていて千葉県を代表(関東北信越代表みたい)して発表です。こんな機会は後にも先にも無いことです。当初は不安だらけでしたが、やり終えた充実感と達成感は心地良さを運んできてくれました。

創業当時の苦労やコンプライアンスも守らないグレー体質な会社が今日多くの業界関係者の皆様の前で、発表できた事は私自身の成長と弊社の歩みに大きなターニングポイントになったことは事実です。

現状に甘んずる事無く常にリーダーシップ的存在でありたいと思います。この様な機会を授けて下さった全日本トラック協会様に感謝を申し上げます。『ありがとうございます』

詳細等については『スタッフブログ』にUPしますので合わせてご覧下さい。

20141009_103841 20141009_134407

20141009_141022 20141009_141130

20141009_141559 20141009_141657

20141009_143514 20141009_143658

20141009_162642 20141009_141607

20141009_175932 20141009_083444

ご報告と感謝!ありがとうございました。

2014-10-06

先日の安全推進大会 飲酒運転撲滅講習会の際、来場賜ったお客様や弊社スタッフより交通遺児募金を募りました。

 

お陰様で、募金金額¥42,761が集まりました。こちらは、公益財団法人千葉日報福祉事業団寄付してまいりました事をご報告申し上げます。

10374083_593594940763423_3320179439477648794_n10366035_593595010763416_1914914378540071031_n

 

皆様からの暖かいご厚情、誠にありがとうございます。感謝申し上げます。

10690093_593594967430087_7357548265925474344_n

今後もこのような活動取り入れ、貨物自動車運送業法の目的に記載されております。『貨物自動車運送事業の健全な発達を図り、もって公共の福祉の増進に資することを目的とする。』に一歩ずつ歩んでまいります。

千葉県・成田のお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

待望の講師!高柳先生の講習会開催

2014-10-04

昨日は気温が急激に上がり暑い一日でした。あれだけの温度差があると体の管理も難しさがありますね。

無人の車庫に、帰庫してきたドライバーとIT点呼をしますが暑そうなので室内のエアコンの許可を出しました。上着のボタンも留めていると・・・。大変です。一時間後、別のドライバーと点呼をしました。彼は汗だくだったので「エアコンは点いていますか?」と質問すると、驚く答えが返ってきました。『エアコンが26度設定で・・・。 暖房です。』 !? そうです。前のドライバーがリモコンの液晶を確認していなかったようです。 暑そうな彼には申し訳ないですが、吹き出して笑ってしまいました。 確認!て大事ですね。指示を出す方も受け取る側も。気をつけます!

無題

イメージはこんな感じでしょうね。 朝晩は冷えるため、夜間点呼者が暖房に切り替えていたようでした。

 

昨日は本当に暑い熱い!!!一日でした。 熱い!何が熱い!?昨日は午後から株式会社プロデキューブ代表取締役 高柳様にお越し頂きました。高柳様は全国の運送事業社様の『安全・品質・環境の工場への取り組みを支援』『プレゼン代行や提案書作成などの営業活動を支援』などを行っており、講演依頼の順番待ちになる先生でございます。

先ずは視察をして頂き弊社の良い所と悪い所のチェック! スタートは車庫⇒成田空港 貨物地区⇒本社センターの順で見て頂きました。写真を撮ったりスタッフに声をかけたりと色々な所をチェックしていただき、講習会の中に盛り込みながら講話です。

DSCF6793

CIMG8084CIMG8087

開始早々、管理者もドライバーも全員が高柳先生の話に夢中でした。

『ドライバー自身の価値を高めるお話。』、『ドライバー自身が身を守る事はお客様から見たら安全に貨物を運んでくれている!と思っていただけるお話。』最高でしたね。弊社のドライバーもスクリーンに出てきました。

CIMG8095CIMG8106

CIMG8114CIMG8152

見てます!見てます!! 色々なところを見ていただきました。

講習会はスタートが19時でしたが、あっという間で2時間が過ぎてしまいました。『ドライバーからまた聞きたい!』などの意見が私に寄せられました。本当にタメになり学びの時間でした。

3週連続の安全ミーティングでしたが、非常に楽しい時間でした。

プロデキューブ様の日々の活動はブログで公開中です。是非チェックしてみてください。

Webアクセスは⇒こちら 昨日のブログは⇒こちら

 

千葉県・成田のお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

« 過去の記事

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.