3月, 2015年

年度末ミーティング

2015-03-31

今年度も最後となりましたね。朝夕の温度差がなく日差しがさんさんと降り注ぎ、成田空港の隣にあるさくらの山は毎日すごい人盛りです。 お花見や飛行機を眺める親子など、ホッコリしますね。

さて先週末の金曜日に年度末ミーティングを開催しました。まず初めは富士通様よりデジタコでドライバーに改善してもらいたい事のヒアリング。 「ここを変えて欲しい!」、「荷積み荷下ろしの際、経過時間が見えるようにして欲しい!」等など。忌憚なき意見もありましたね。

20170327 002

続いて富士通様からテスティング依頼中の居眠り防止でヒアリング!それと1ヶ月が長期テスティングとなった事情説明のお話。

20170327 003

新人2名が選任を受け晴れてドライバーとなる為、全員の前で新入社員の誓いを読んで頂きました。 先輩の力量まで追いつきたい!会社や社会に貢献したいなど話してくれました。Mさん・Kさん一緒に頑張っていきましょう。

20170327 006

新年度から新たにスタート!グリーンエコプロジェクトについてドライバーへ「事故撲滅!のために取り組みます。」と私から宣言をさせて頂きました。

20170327 009

20170327 00420170327 007

燃費計算で新しく変わったルールを説明。今一度無事故最長記録を樹立するべく活動して参ります。

月一回、月初に安全への誓いを一言。『今月の安全行動事項』を作成しました。これはISO39001取得の茨城乳配株式会社様が実施していたのを思い出しTTPしました。※TTP=徹底的にパクる

20170327 010

また、来年度へ繋がる営業案件の話しを各管理者からドライバーへ伝えました。良き一年間とする為の発表の場となり大変良かったと感じております。

20170327 01120170327 014そして、最後は昇進辞令発表。

空港事務所の主任から係長に昇進。前川係長! 同じく空港事務所の並木さんは主任へ昇格。 若輩者ではありますが私、加藤は主任の辞令を承りました。各人意気込みを語らせて頂きました。

20170327 017

明日からさらにパワーアップで走り続けて参ります。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

ドライバーやフォークオペレーターの方なども求人募集中

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

いよいよキックオフ!

2015-03-25

桜に緑の葉が芽吹き、更に春らしい成田です。まもなく4月、年度末でございます。

弊社もオリジナルの「クリーンエコ」から『グリーンエコプロジェクト』へ参戦です。

スタータキットが届き、23日千葉県トラック協会で第一回のセミナー参加(ワンツーマン指導)でモチベーションが上がっております。

DSCF2440

DSCF2441

27日に年度末のミーティングを予定しており、ドライバーへ新しいフォーマットに記録するやり方を伝授です!

目指せ3ツ星☆☆☆

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

ドライバーやフォークオペレーターの方なども求人募集中

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

ディーラーで噂!?

2015-03-24

先日大型ラッピング車輌の納車式をブログアップしましたが、今回も大型がやってきました! 千葉日野自動車株式会社日野プロファイア!!!

DSCF8224

19日の大安に予定しておりましたが、あいにくの雨で翌日20日に納車式となりました。

DSCF8227

パッと見は以前に入れた車と変わらないように見えますが、最新導風板!?かわかりませんがお洒落なブレードがヘッドに装着。個人的には好きなデザイン、交通機動隊のパトカーみたいな感じですね。

DSCF8232

今回車輌を預かるドライバーは車番6493から乗り換えですが、6493に愛着があり大切に乗務していました。後輩へ引き渡す際も細かな清掃や室内の天井のヤニ色になったくすんだ所も綺麗にしてくれました。(本人はタバコを吸いません)引渡し後、新人添乗教育もあり新人が乗る大型のホイールも鉄チンホイールにシルバー塗装してあげる程、車輌に愛情を掛けてくれます。本当に感謝です。今度は彼の番ですね♫

DSCF8230

6493⇒8105へ ※8=ハ 1=イ 0=ワ 5=コー

弊社で新車乗務初のワコウさん。おめでとうございます。

DSCF8232

この笑顔に、社長はじめ管理者も喜んでおります。きっと良き先輩として弊社の看板ドライバーになってくれると思います。

この車輌も、もちろんラッピング♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

DSCF8223

日野自動車様でちょっとした話題の車輌だったと聞きました! 納車まで完成した車輌が保管されておりましたが、来るお客様が全員気になって気になってスタッフに話を聞かれていたそうです。「高そうだね!」、「目立つね!」、「カッコイイ」等などいろいろ聞かれていたそうです。

DSCF8244DSCF8243

DSCF8237

昨年は、4トンと2トンの並びで写真を撮りましたが、今年は大型!迫力が2.5倍になった感じです。

DSCF8248DSCF8220

これからも目立つ車輌で安全輸送社会貢献できるよう努めて参ります。

時には厳しく!なんでも話しを聞いてくれる仲間がおります。是非ロジックスラインで働きたいと考えの方は、気兼ねなく先ずはお電話を!

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

ドライバーやフォークオペレーターの方なども求人募集中

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

お誘いありがとうございます!3月17日

2015-03-18

昨日は今季一番の暖かさで東京では20℃位まで上昇しましたね。花粉症の方はお辛いようでした(泣)春の日差しを浴び港区元赤坂にある明治記念館に足を運びました。明治記念館の呼称は耳にしても、どのような施設なのかピーンと来ません。Xperia検索したところ明治記念館は港区元赤々にある総合集宴会施設。明治神宮による結婚式場として知られている。 この明治記念館で日野自動車株式会社『お客様セミナー』が開催され千葉日野自動車様からお誘いを受け参加して参りました。(日野メーカー・東京日野・千葉日野・横浜日野協賛)千葉日野様のご招待60社です。

このようなセミナーは過去にも開催されておりますが、前回セミナーで運送物流の問題点を題材に開催したところ、かなりの高評価だったとのことです。 今回は非常に注目度が高いセミナーとあって年度末にも係わらず300人位参加したのではないでしょうか。

昨今業界の大きな問題に発展しつつある人材不足です。人材不足は運送業界に限った物では有りませんが着々と厳しさを覚えていく事になるでしょう。今回のテーマ 『ドライバー不足にどう対応するか』~根本対策に向けた分析・改善ツールの活用~ 物流新聞に目をやるとこの手の話題が多いのは事実です。募集を入れても問い合わせがない!ベテランドライバーが定年を迎える!仕事があるのにドライバーがいない!若年層を採用したいが高齢者しか来ない!などなどの悩みは尽きません。

ポイントとして経営体質とは? 組織体質(企業風土と財務体質) 土台(土壌)を良くする。 マネージメント教育(見える所で差がつく)原因は外でなく内にある。 キーワードは『帰属意識』を高める。 この点については私が参加している勉強研究会でも耳にしております。

分析によると、長期的にみてトラックドライバーは不足する。中型免許制度の影響、労働力人口の減少、定着の良い会社と悪い会社の比較 フーン!ここに来て入る人は百も承知のことでしょう。そこで経営体質の改善となるのでしょうが、全国6万社とも言われる運送会社の中で経営体質改善を出来うるのは大手さんと一握りの事業者さんかな?その会社に今出来る事を確実に実践して先を見据えた経営をする事が重要だと思います。その中で肝となるのが従業員(社員)教育だと私は思います。教育は多岐に渡りますが一番重要なのは公道を仕事場とするドライバーが一般の方に迷惑や恐怖を与えない事です。(トラック事故で加害者を出さない)ルールとモラルを守り節度ある運転姿勢でハンドルを握ることで世論の声を高めて行きたいと思います。(社会的地位向上に繋がれば嬉しいです)

社員教育の充実や安全対策を講じている会社には必ずや良い人材が集まる事を期待します。 あれこれ考えても結論が出ませんので開き直り的なところは否めませんが当社は当社なりの方針でドライバー不足を解消したいと思います。

今回お招き下さりました千葉日野自動車様ありがとうございました。 *私のブログは毎度くどくなり相すみません。

日野 20150317_155825

20150317_143102

20150317_142025

20150317_143600

嬉しい出来事!3月16日

2015-03-17

3/15(日)管理者からのメールに嬉しくなる内容がありました。大型トラック増車により先週末乗り替わりがありました。今度新車に乗務予定の若生君(26歳)は今まで乗務していたトラックを新人さん(24歳)に譲り渡し、しばらく新人教育のため当社で一番古い平成15年式の担当です。この古いトラックを3/14入社の新人さん(32歳)が担当するのですが、約12年間何人ものドライバーが乗り継いできたので、車内は煙草のヤニで変色しております。(マジマジと見た訳では有りませんが予想はつきます)若生君は3/15(日)積み込みに出勤した際に、今まで自分が担当したトラックでもなく今後乗務するトラックでもないのに煙草のヤニを綺麗に落としてくれました。(確認していませんが、綺麗になったと思う)

若生君は新人さんが少しでも気持ち良く頑張って欲しいと思ったらしく、中々まねの出来る事ではないと思います。ここに当社の『愛社・愛車・愛者』精神が生きているなと私は感銘を受けました。

先輩ドライバーさんが不安だらけの新人さんをフォローして面倒を見てあげることで、ゆとりが生まれ精神的にも楽になり頑張って働いて行こうと思ってくれる事でしょう。

ついに新車大型車にもラッピング塗装が!!!

2015-03-14

年度末、繁忙期前の静かな週末です。天気は曇りの成田国際空港です。今朝の話ですが、自宅から本社へ向かう途中に成田イオンがあります。イオンで道路沿いに植樹してあるが咲いておりました。本当に春が来たと感じました。4年前は仙台で震災に合い、正直生きるので精一杯でした。水や食事、寝る場所(建物が何時倒壊してもおかしくない状況)の問題と対峙していたのを思い出しました。あれから4年笑顔で仕事ができるのを感謝ですね。

さて昨日ですが、 お天気に恵まれまして暖かい中で大型ウィングの新車納車式を執り行いました。

搭乗するドライバーには弊社の『新車納入報告書』が御座いまして、幾つかのテーマに対して心構えを書いていただいているものです。

① 業務の心得として新車に乗務する自覚、取り組みについて。

「周りから見られていると意識し身だしなみ、言動にも注意する。責任を持ち業務に取り組む」

② 車輌事故に対する心得

「ちょっとした不注意により起こりうるので気持ちに余裕を持つ」

③ デジタコ管理規定による安全運転(スピード)経済運転(アイドリング)の心得。

「社内ルールの速度ギリギリで走らない。環境にやさしいうんてんをする。」

④ 車輌の管理・洗車の心得。

「車輌は会社の看板を背負っているので誰に見られていても恥ずかしくないように常に綺麗な状態に保ち、イメージアップに繋げる。故障や事故に繋がらないよう車輌整備・点検を確実に行う。」

最後に社長のコメントを書き込みます。

※乗務員:高橋さんのコメントは抜粋

今回は車番「成田 130 あ 12-34」 乗務するドライバーは高橋さん(ベテランです!)ベテランですが改めて心意気を書いて頂きました。内容を確認し本人と社長でヒヤリングを行いまして、新車に乗るのか乗らないのかを話し合います。

結果は新車に乗りたい!と言うことでした。正直乗りたくないと言うドライバーもいない訳ではありませんが・・・。皆さん新車に乗りたいと思う人がたいがいですね。いつもクールな高橋さん、やる気が伝わってくる空気をまとってました。そんな高橋さんの喜ぶ顔を見たいと思っていたら午後14時過ぎに本社へUDトラックス株式会社の大型が入構して来ました。

20150313 001

何時も新車には驚いてばかりですが、今回も社長が粋な事を考えた様です。正直全スタッフが驚きと車輌の格好良さにビックリだったのではないでしょうか。

昨年、4tウィングと3tウィングにラッピング塗装を施しました。今回は更にバージョンアップ!?なんと煽りまで塗装面を拡大!!! 目立つ。の一言です。そのデザインがこの写真です。

20150313 004

20150313 00320150313 002

20150313 01120150313 014

20150313 01720150313 023

前回のデザインにリボンをあしらった今回の車輌。社長の『プレゼント・真心・優しさ』の思いが込められたトラックに仕上がっております。

本当に目立ちます! 更に、車輌を一回りするとテールランプに目が留まりました。私の個人的ファーストインプレッションは「ウルトラセブン」でした。ブレーキ・ウィンカーを点けた写真がこれです。

20150313 006

201503132 002201503132 003

如何でしょうか?皆さんの印象は!LEDでかなりクールです。カッコイイ!!!

この様なしあがりの1台が新たに仲間入りです。明日から成田市千葉県関東、そして全国へ真心こめてお客様の大切な貨物を大事にお届け致します。見かけたら是非写真を撮ってくださいね。弊社Facebookへ投稿して下さい!お待ちしております。

夜からは3月の安全ミーティングを実施。

先月のあの事件(正面衝突)を管理者とドライバーで学ぶために、ドライブレコーダーを全員で視聴。

imageimage

全員で原因・起因を話し合いました。 ドライバーに話を聞いていくうちに自発的に声がいろいろな意見が出てきました。自社の事故と言う事もありますが、真摯に事を受け止めていると感じることができる中身の濃い話でした。

更に弊社で撮りためてあるドライブレコーダーのヒヤリハットを視聴。※装備のドラレコは、Gセンサーのアクションがあると録画するシステムです。アクションが起る直前で映像を止めて、ドライバー数人へ何が起こるか?どんな危険因子が発生しているか?などを聞きながら映像を見てヒヤリハットへ活用しました。本当にヒヤッとしてしまう映像もありました。

imageimageimage

映像はこちらをクリック!

ドライブレコーダー映像

日々積み重ねではありますが、事故から学び活かして無事故日数365日再チャレンジ中です。これからも安全・輸送品質向上に努めて参ります。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

ドライバーやフォークオペレーターの方なども求人募集中

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

 

三重県トラック協会 津支部講演記事掲載

2015-03-11

春らしい日差しがふりそそぐ成田国際空港です。

DSCF2396DSCF2398

DSCF2399

今朝から東北道路は通行止めと残寒が大暴れしております。

image

弊社も北向けの貨物が到着で協力会社様を探しております。 結局自社便で対応してしまいそうですが・・・。全国配送輸送品質ハイクオリティーで運行致します!

前回のブログでご紹介いたしましたが、先月末に三重県トラック協会 津支部へ行きデジタコについてお話した時の記事が物流ウィークリーの3月9日号に掲載されました。

DSCF2394

デジタコ活用でなかなか活用できていない会社様もあるかと思います。また、この様な機会がありましたらお伝えできれば良いですね。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

ドライバーやフォークオペレーターの方なども求人募集中

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

 

共に物流の明日のために!

2015-03-02

3月に入り寒さも和らぎ、天気が春陽気な成田空港でございます。

2月も輸入輸出ではアジアの旧正月の煽りで・・・。と思いきや動いた月だったのではないでしょうか。私加藤も新しいお客様がスタートしたり月末のイベントが有り資料づくりに追われてしまいましたね。3月も安全ミーティングや新規案件に奮闘したいと思います。

さて、先程書き込みました『イベント』。このご報告をしたいと思います。

2月27日 三重県津市にて三重県トラック協会の津支部の会員様に、弊社のデジタコ活用方法を発表させて頂く機会がございました。

発端は、国土交通省の運行記録計の普及・義務化です。

※更なる交通事故削減のため、大型車と並び事故率の高い、車両総重量7~8トン(最大積載量4~5トン)の事業用貨物自動車に、運行記録計の装備を義務付ける。

三重県トラック協会津支部の方々からメーカーさん(株式会社トランストロン様)に、『実際に使っている同じ事業者の方から話が聞きたい!』とご相談があったそうです。メーカーさんは最新クラウド型デジタコを活用している会社を検討した結果、弊社へお願いしたいと連絡いただいたのが流れです。

正直申しますと、当社は当社。他の事業者様の方がしっかり活用されていて我々の話は実施しているよ!と言われてしまうのではないか・・・。不安でしたが、「いつもやっていることをお話してくれればいいんでお願いします。」と仰っていただけましたので、日頃からやっているデジタコの運用方法を話してまいりました。

20516_783054995104172_4648776693544289337_n

11001774_681517491971167_5042631914332716458_n

当日は会場に多くの人が参加してくださいました。ご用意していた席が埋まっており、関心の高さに驚きでした。

DSCF8144

1908301_783055015104170_8680843296415793699_n

初めに三重県トラック協会の稲垣部長様の司会で、株式会社トランストロンの長谷様が義務化のお話とこれまでのアナタコやカード型デジタコからクラウド型へ変更に伴うメリットなどを講話して頂きました。

 

DSCF812211000656_783055028437502_4493536105710252870_nDSCF8123

DSCF8125

長谷様の質問に、アナタコ装着の会社、カード型デジタコ装着の会社、クラウド型装着の会社がどの位参加されているのか挙手がありました。車輌は置いておくとして装着していない運送事業者様もおり、やはり興味がある内容なんだと、導入している私も再確認を致しました。

長谷様の話が終わり、トラック協会様から紹介をいただき前へ出てご挨拶。

DSCF8128

DSCF8142

そして我々、代表沢田と私で弊社の活用の仕方を話させていただきました。

まず弊社の紹介、導入当初の話を沢田よりお伝えしました。

DSCF8120DSCF8133DSCF8141

DSCF8136DSCF8137

image

 

導入当時の指導風景などを織り交ぜ話をしました。

DSCF8134DSCF8138

image

私は労務管理実施で、弊社が朝から行っている内容を話させていただきました。

一日の流れを思い起こしながら会場の皆様に全てオープンで話をさせて頂きました。

DSCF8149image

imageimage

長時間運転、スピード超過などあれば度合いによりますが指導。 帳票は見やすいスタンプを使い時間管理をします。これはクラウド型デジタコの便利な機能の1つ。ドライバーはひと月の拘束労働時間は原則として293時間が限度です。輸入貨物の許可状態では待ち時間が凄く掛かることもあります。その際は、4時間以上空くことがありかつ合計10時間以上により特例分割休息期間となり、帳票管理と時間管理を日々行っている話。

位置情報

 

 

位置情報をお客様にご案内♫こんな活用も可能。

 

 

 

今回一番の反響が高かったのは、ドライバーへのインタビューでした。デジタコについての意識調査と題し質問をいました。

imageDSCF8118

imageDSCF8155

DSCF8144DSCF8148

そして最後は、代表沢田からデジタコだけでは事故が減らない!と熱く皆さまへ講話致しました。

imageDSCF8153

DSCF8158

時間が少し押しましたが、質問の時間を頂き参加者の方から聞きたいことが色々上がりました。

DSCF8162DSCF8164DSCF8163DSCF8165DSCF8166DSCF8167DSCF8169DSCF8168DSCF8170DSCF8171

 

意見交換会終了も質問頂く場面も・・・。

DSCF8176DSCF8177DSCF8174DSCF8172DSCF8173

どうしてもスピード超過をしてくる者がいる。ドライバー不足で『首だ!』なんては言えない。どうしたらいいですか?など聞かれました。

私は、その方に「時代が違う。安全運行するのがプロ。会社、同じドライバー仲間、その家族。皆で幸せになる為に社内ルールを守るんです。守れない方は皆の幸せを考えていないのではないでしょうか。根気強く続けていかなくてはならないし最悪、目指す会社の方向性と合わない方は自分の合う会社へ移られた方が良いと言い切るのも1つではないでしょうか。」とお答えしました。

弊社も代表が厳しい決断をして、ドライバーと少しずつ方向を修正しながら歩んできた事が今に繋がっている。そのことをお話し解散となりました。参加された方へ少しでもお役に立つ事が出来ていれば幸いです。

弊社も社内ルールが増えるかもしれませんが、会社・スタッフ全員・スタッフの家族まで幸せを考えてルールが作られていくと思います。より安全な輸送品質を求めて行きます。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

夜間点呼者やフォークオペレーターの方なども求人募集中

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

三重県トラック協会津支部様 デジタコ活用研修 2月27日

2015-03-01

この4月より国交省が示す安全対策のひとつとして車輌総重量7t以上の営業貨物車にはタコグラフ(運行記録計)が新規登録より義務化されます。(デジタルタコメーター・アナログタコメーターのいずれか)既存車輌については2年間の猶予があります。当社は全車両を平成17年からデジタコに切り替え安全策を講じて参りました。私としては運送の勤務実態(長時間労働・過重労働など)が広くオープンになる事は大賛成の一人です。デジタコの良さを理解している経営者さんはたくさん居ると思います。ですが、運行記録計を装備すると労働時間のグレーな部分が露呈されてしまう危機感を感じているようです。運行記録計(デジタコ)を装着するとデメリットになるとの意見を耳にします。運行記録計の賛否はございますが法的な義務ですので遵守しなくてはなりません。デメリットをメリットに変える事によりデジタコ装着のデメリット感は排除されます。導入助成金の活用、何よりもドライバーさんの安全を会社が守る必要性があります。

今回は弊社で導入しているデジタコ(富士通・トランストロン)のメーカーより三重県トラック協会様でデジタコの活用法について講演発表して頂けないかと案内がありました。お断りする理由もないので快くお引き受けさせて頂きました。昨年の全日本トラック協会全国事業者大会で700~800名の前でパネリスト発表しことによる自信とも言える心境です。 なぜ?当社が三重県トラック協会の研修会に行くのか?メーカーさんとの情報交換や開発のヒントを提案しております。三重県トラ協役員さんが他府県の事業者にお越し頂くのは、まれな事だと話されていました。

弊社の持ち時間は1時間有りますので、デジタコの導入経緯や活用法についてパワーポイント資料約50ページ作成しました。私と運行統括責任者の加藤との二人三脚で発表(資料の内容を私が考え制作担当の加藤に指示・加藤が発表するシートは本人が用意)メーカーの説明より導入事業者の生の声を聞きたいとのリクエストに応ええ当社ドライバー6人を人選して動画撮影した映像を流しました。(この反響が良く、一人の方より〇〇君スカウトしたいな!と、お褒めのお言葉を頂き私は嬉しく感じました)出演したそれぞれのドライバーの発言には感極まり泣けそうでした) 当社加藤の発表も堂々たるもので参加者を引き込んでおりました。成功に終わった研修会(皆様も思ってくれるとありがたいです)に私はホッとし満足です。 駆け足での説明でありましたがお渡しした当社の活用資料を参考にして頂ければ幸甚です。

その後会員さん・メーカーさん・私と加藤で懇親会に参加させて頂き皆様と親睦を深めました。会員さんから来年度予算を作り当社に視察訪問したいので宜しくお願いしますとまで言われ困惑しますが名誉なことです。(FLSでご一緒します社長様が支部員におられ良くして下さりました)

三重県トラック協会津支部の皆様、弊社をお招き下さり誠にありがとうございました。何かご質問等ございましたら遠慮なく相談下さい。

この模様は弊社加藤がスタッフブログにUPしますのでお楽しみ下さい!

20150227_134129  20150227_135051

20150227_144234  20150227_141605

20150227_161646  20150227_161006

20150227_192159  20150227_192533

学は体感すること!!2月26日

2015-03-01

年に何度か同業者様を訪問する私です。最近ではFB(フェースブック)でお知り合いになった方々も多くお出でになり、単にその方と面識を持つものとは違います。今回の訪問先は弊社(私)で参加している勉強会(FLSの会員企業)で学ぶ友でもある静岡県島田市に有ります山岸運送グループ(代表 山岸社長様)です。昨年40周年を迎えられた地元に根ざした物流企業です。 事前のアポイントで私の訪問時間を調整して下さりました。実の話しFLSで山岸社長とお逢いすまで失礼ながら存じていない会社でした。では、訪問のきっかけは他のFLS会員さん何社かが視察に伺ったと言う情報からです。他社が行くからには、そこには学びがあるなと確信しておりました。もう一点、山岸運送様には昭和30年代から40年代初頭に製造されたボンネットトラックが現役として実在するとの事で見たいと思う気持ちが高まります。

山岸運送様の社屋が見え、ここだなと思った瞬間に数台のトラックが目に入りマナーの悪い会社だなと思ってしまいました。なぜなら、一般道に路上駐車させている?ご丁寧に輪留めまで!(私の方向から十字路直進と右折は一般道)左折した所が私有地なんです。(知らない人は一般道と勘違いします!)手前には迫力抜群な大型フルトレーラーがドーンと駐車(運送屋のオヤジとすればトレーラーには魅かれます!)社屋前の駐車場に車を止め周りを見回したら「物持ちがいい会社」だなと思うほど年代物が目につきます。

私が伺ったのは本社で、山岸社長より自社整備工場と自社で使用するトラックタイヤの保管庫を見学させて頂きました。自社整備工場では一般整備から塗装、社長が買い付けてきた中古トラックの修繕やボディーの乗せ替えなど何でもやってしまうようです。運送コストに大きく影響を及ぼすトラックタイヤでは、輸入タイヤを使用しコスト削減を実現されているとのことです。自車便で耐久試験を重ねノートラブルとのことでした。タイヤを同業者に販売されたり、今後は通信販売もお考えのようです。

何と言っても圧巻は本社横にある有蓋車庫に並ぶ昭和30年代から40年代初頭のボンネットトラックです。会長のコレクションとの事ですが、このトラックは全て買い付けてきて復元した物だそうです。(中には田舎の納屋に30年眠っていたトラックを買ってきた)それにしても運送魂を感じずにはいられませんでした。また、会長(70?歳)が時折このレトロなトラックを運転しているとお聞きし、アッパレな会長にもお逢いしたくなりました。(お逢いできておりません)オート三輪はマツダのイメージがありますがダイハツでした。

物流センターに移動し、平口営業部長様より山岸グループで取り組んでいる「エコ・ロジ・ネット」共同配送の物流ネットワークシステムで静岡県から東北・関東・中京・北陸・西日本・(九州は構築中)エリアで展開されております。当社の扱い商品では協配に直結する物は有りませんが、今後の物流形態を見直すひとつとして協配システムの活用もありなのかなと思いました。

長居をしてしまい時間は昼となり、食事に行こう!うな重をご馳走になったのですが、うなぎの産地で有名な静岡県で食す、うなぎは格別な美味しさに頬が落ちそうになりました。山岸社長本当にお世話になりました。

5山岸  山岸                                        

4山岸山岸3     

20150226_102342山岸6

次に訪問したのは浜松市にあります協業組合浜松輸送センター(松下代表様)です。物流新聞でISO39001(道路交通安全マネジメントシステム)認証された企業として紹介されておりました。(静岡県で2社目)弊社ではISO39001認証に取り組もうか悩んでいるので、取得された同業者の生の声を聞きたいと常々思っておりました。今回は物流新聞社に一報を入れて頂き、当日は松下代表理事・上大門部長・戸毛顧問が新設にご対応くださりました。冒頭に「運送会社で協業が付くのは珍しいのでは?」日本でも数社有るか無いからしいです。元々5社の集まりで発足したらしく今では1社(株式に変更はいつでもできる)普通の運送会社と何ら変わりません。

ISO39001の取得の経緯について、昨今では安全性優良事業所(Gマーク)やグリーン経営認証が増えその意義に疑問を感じたそうです。私もまったく同感で今後の生き残りをかけ、他社との差別化を計る上では安全の構築は必要不可欠だなと思います。一段と厳しさが増す法令順守と求められる安全対策をどう講じて行くのかがキーポイントです。取得した事により企業イメージの向上と乗務員の意識を高めていきたいとの事です。アドバイスとして取得するなら係わるスタッフが一丸にならないとダメ!(管理スタッフ一人が躍起になっても機能しない)最初からコンサルタントの先生と一緒にねじり鉢巻を締めるつもりで臨む事。 一番重要なのは認証機関のこだわりで知名度の高い所をお薦めしますとのことです。コンサル料や認証機関の経費は相見積もりを取った方が良いとアドバイス頂きました。

今回は初対面の者に親切丁寧にご教示下さり誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

ISO  ISO4ISO3

ISO2

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.