9月, 2015年

放浪の旅S・W編in奈良 9/19

2015-09-25

この旅で一番大事な目的は学びです。学びを求め奈良県五條市(和歌山県との県境に近いのどかな場所)にある㈱ベストライン辰己社長様を訪問致しました。辰巳社長とは物流勉強会(FLS)で学ぶ同志であります。ベストラインさんは関西エリアで一番元気な会社だと同業他社より一目置かれております。何が元気なの?ここ数年で大型車を主に50~60台増車している会社なので注目が注がれても不思議はありません。昨今の運輸事情といえば暗い話題が横行し光を見出せない現状に甘んじている運送事業者が大半のように感じます。時は昭和から平成の時代と移り変わり、あらゆる分野で規制緩和がなされ運送業も免許制度から許可制に緩和されました。(平成2年物流2法です)弊社も規制緩和の恩恵で平成10年に創業しました。参入が容易になったことで4万社だった事業者が63千社に膨れ上がりました。

業者が増えると競争原理で運賃のダンピング(自分たちで自分の首を絞める)による競争激化、トラックの排ガス規制強化による減車、燃料高騰、リーマンショック、法令の規制強化(コンプライアンス遵守)、普通免許改正(普通免許で2t車が運転できないケースがある)、ここに来てそれらのしわ寄せがドーンと押し寄せて来たと思いたくなる慢性的な人不足(ドライバー不足)に陥っているのが今の運送会社の現状に思えます。

この厳しい折に急激に増車を計られた辰己社長の話には興味津々な私です。ベストラインさんの創業は平成9年 法人化が平成16年と比較的社歴の浅い会社で辰己社長は私と同じ創業社長です。今日に至る軌跡は数々ある中で「夢と野心」が駆り立て、たくさんの勉強会やセミナーに参加されより良い物を吸収されていったようです。人材確保と育成は悩みのタネとなりますが、人材確保にも一工夫されており例えば求人募集を新聞折込に出す際、求職者むろんのこと、ご家族に対しもメッセージを送っております。ご主人さんや息子さんへご家族が安心して働ける会社として後押ししてくれます。勢いがある会社、安心を与える会社を全面に打ち出しております。その効果が人材確保に活かされているそうです。求人広告の出し方ひとつで見栄えや求職者の捉えかたに違いが出ます。大事なことは求人紙の枠を大きく取ることです。(15~20万の掲載料)当社では4~5万円程度の枠なのでインパクトに欠け、求職者に伝わりにくいのかなと思うところです。

経営者にはモノへのこだわりであったり譲れないモノがあるはずです。辰己社長の大事にする順番に拍子抜け、①従業員のご家族②従業員本人③会社④お客様とのことです。対外的にはお客様を一番候補に挙げることが一般的かもしれませんが、辰己社長を否定できません。その他スピード規制・社内ルールの遵守・運行計画をドライバーが立てるなど社員の生活保護に全身全霊で取り組んでいるなと反省する次第でした。

今回の訪問で会社を変える源は代表者である社長の熱意と先見の目を持つ事だなと感じました。辰己社長 勝手な表現で綴りましたが大変勉強になりありがとうございました。

20150919_155631 20150919_114625

 

放浪の旅S・W編 同業者との情報交換会in岐阜 9/17 9/18

2015-09-25

放浪の旅とは誰が名づけたか?いつの間にか放浪の旅と呼ばれておりました。(アポなし訪問したり車で寝泊りすることが由縁です)運送会社のオヤジとして走る事は苦にならず車で全国各地を走破しました。

今回は岐阜県・奈良県・大阪府に目的を絞り車を走らせました。最初の目的地が岐阜県恵那市なので中央高速で塩尻まで行きトラック街道と言われる国道19号線を岐阜方面に走ると木曽と言う場所があります。昨年御嶽山が噴火したところが木曽です。そんな山あいの静かな場所にアポなしで訪問した会社があります。田口建材工業㈱田口社長様です。田口建材さんはダンプの営業ナンバーの会社で当社とは業務上の接点は有りませんが、昨年まで都内の物流研究会の会員として学んだ同志であります。お逢いすのも久しぶりで事前連絡しないまま訪問です。嬉しい事に対面ができ、幸先いいスタートが切れました。信州といえば手打ちそばで美味しいそばを頂きました。

20150917_120741_001  20150917_122902

岐阜県恵那市に入り岐阜県トラック協会東濃地区の皆さんが私の歓迎会にご参集下さりました。仕事上のお付き合いは有りませんが、お互いに困ったことがあれば助け合う為にも地方の業者さんとの関係は密にしておきたいものです。楽しいひと時を共有できて感謝申し上げます。

翌日は運送仲間の皆さんとゴルフ5レディースが開催された、みずなみカントリークラブで楽しい時間を共有させて頂きました。重ねてお礼申し上げる次第であります。

また、新たに物流研究会(FLS大阪エリア会員)に参加された事業者さんと情報交換の場を取って頂きました。岐阜県の運送事業者の皆さんありがとうございました。

当社にはラッピング塗装を施したトラックがあり、注目を浴びると同時にドライバーさんのモチベーションアップになっていると思います。恵那市の㈱山本急行(山本社長)様では自社でボディーペイントの機械を導入して自車便や同業他社の依頼を受け高い実績を得ております。自車の大型冷凍車に地元恵那市の観光PRラッピングを施しております。 地域に密着した取り組みが嬉しいですね

20150917_194758 20150918_203154

20150918_094345 20150918_082041

20150918_081535

放浪の旅S・W編 物流セミナー9/16

2015-09-25

少しさかのぼりブログ報告します。私はS・Wを利用して放浪の旅第3弾に旅立ちました。昨日、来社された方より私のブログを読まれてその話しとなりました。見て下さっているのでもう少しこまめに投稿するよう頑張ります。

9/16午前中社内業務を終え午後から放浪の旅へと、行きがけに三井住友海上火災保険が企画された物流事業者向けセミナーに参加して参りました。今回の先生は昨年の全日本トラック協会全国事業者大会in福岡で、私が「弊社の安全取り組み」についてパネリスト発表をさせて頂いた時、コーディネーターを務めたプロデキューブの高柳氏です。また、弊社の安全講習会の講師にお招きし、ドライバーさんからの反響がとても良かった方です。(また聴きたいとの声)

『運送会社の管理者育成と安全教育』~人員確保から人材育成の時代へ~ 当社でも指しかかる課題のひとつでもあり、今後を見据えた取り組みを実践していかなくてはなりません。 昨今の人材不足、トラック業界ではドライバー不足が深刻な問題になりつつあり、良い人材・若い人材を採用できるかが今後を占うと言っても過言ではない時代背景があります。 今回は自分自身柔軟に変化を求めてみようと思いました。

今回のセミナーで学んだ事をまとめてみます。 プロの管理者→社長の右腕(社長の分身)管理するとは教育する事!管理者のコミュニケーション能力向上!コミュニケーション=正しく伝える!愛情表現!確認する!エラーメッセージに気づく!見るのではなく観る!聞くのではなく聴く!会社ルール!頭の先からかかとまで見る!1対1の対話!ありがとう!質問をする!伝える→教える!確認する→育てる!

弊社での問題点が点呼者の欠員です。車庫と事務所が離れているので日中はGマークのインセンティブでIT点呼が認められております。夜間早朝の事務所不在時の点呼で夜は点呼補助者を配置していますが、早朝点呼者がおりません。その補いを私が午前4時から点呼を実施しております。今回点呼について学ぶものがありました。○点呼時名前で呼ぶ○始業点呼→事故防止○終業点呼→離職防止○『気をつけて』はNG『何々と具体的に示し気をつけましょう』OK○プロドライバーの仕事とはルールを守り確認を行うのが鉄則○トラックが汚い→隠す→事故の確率が高い 事故の多いドライバーはトラックが汚い   

勉強になりますね! 早々に実践しことがあり、その成果は今しばらく様子見をすることにしました。

それぞれの言葉ひとつひとつに気づきが生まれ変革するキーポイントだなと思いました。 セミナー終了後、高柳氏と情報交換をさせて頂きました。 今年の全日本トラック協会全国事業者大会が金沢で開催され今年も高柳氏がコーディネーターを務めます。

20150916_140615 20150916_172947

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.