11月, 2015年

ドライバーの健康 27/11/25

2015-11-26

昨日、第1回安全運行サポーター協議会セミナー『健康・過労起因事故の防止とドライバーの労働生活向上を目指して』に参加して参りました。言葉を縮め『あんサポ』と言いますが、この会の発足のきっかけは2012年4月に関越自動車道藤岡ジャンクション付近で起きた乗客7人が死亡したツアーバスによる重大事故です。この事故はドライバーの居眠り運転が起因されており、公共道路を使用するトラック業界としても見過ごせない現実です。国交省の過労運転・健康起因事故防止に資する機器に応募したメーカー有志との間でデジタコや生体情報の統合化によって運行管理の高度化が図れないか、熱く語り、情報共有しているうちに、業種横断的なプラットフォームとして、あんサポ協議会を設立しようということになりました。現在の会員はメーカー系16会員 トラック・バス事業者12会員 個人5会員の合計33会員です。(資料より抜粋)

第1部 基調講演 国土交通省 自動車局安全政策課長様 『事業用自動車の事故防止施策等について』 事故の統計を基に死者数半減 事故件数半減 飲酒運転ゼロ(事業用自動車総合安全プラン2009)我々事業者は重大事故を起こした場合は速報として国土交通省に報告を上げなくてはなりません。バス事業者より報告が上がった重大事故のドライブレコーダー映像を観ました。バスは乗客を乗せ走行中、信号で停止した際ドライバーの身体に異変らしきしぐさがうかがえる。(車内カメラより)バスが走り出すと妙にスピードが遅く右側(対向車線側)にジワジワと寄り始めたのです。対向する車がバスの異変を察し避けたり、停止する車があるものの、バスは車線を逸脱したまま止まる事無く次々と車に衝突するショッキングな映像です。車内カメラには乗客が驚きドライバーに駆け寄り声を掛けたり身体を揺さぶっている様子が映っております。ドライバーは右側の窓側に寄りかかり意識が無い状態に見受けられました。対向するドライバーは迫り来るバスの恐怖、乗客はぶつかる恐怖でお互いに生きた心地がしなかったと思います。この映像を見た瞬間に私はドライバーの健康と体調にもっと気遣う必要性を肌で感じました。

第2部 特別講演 損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント㈱様 『企業の事故防止における体調・健康管理の重要性』 昨今、交通事故死者数は毎年減少傾向にあるものの、その中でドライバーの健康に起因すると考えられる事故が増加傾向にあります。事故を引き起こす健康状態とは、「くも膜下出血」「脳溢血」「脳梗塞」などの脳疾患 「心筋梗塞」「心不全」などの心臓疾患をはじめ「大動脈解離」「睡眠時無呼吸症候群」など多岐に渡ります。 ポイントとして健康診断と診断結果の把握、治療を要す者には再診及び治療に専念してもらう大切さ!(現状は人材不足や個人判断もあるので難しいですね)運行前・運行後対面点呼で体調のチェックを慎重に行う事も大切です。

第3部 安全運行サポーター協議会 活動報告『良質な人材確保のための健康経営をサポート』 安全運行サポーター協議会会長および協議委員からの説明と報告

第4部パネルディスカッション『輸送事業者の安全健康への取り組みと今後の期待』 運送事業者とバス事業者より発表がありました。運送事業者の発表では2005年に重大事故が発生し、これを機に安全対策に力をいれはじめたとのことです。「ドライバー教育」「月例安全会議の改善」「外部講師講習会」「ドライブレコーダー全車導入」などの取り組み「自分を大切に」の言葉の下、全社員が一丸となって、安全運行を行う環境を作っているそうです。

『家族と共に取り組む健康管理』 毎月の給与袋に社内報を入れ健康面に関する内容を盛り込んで、ご本人とご家族様共に健康に留意して頂く。全ドライバーに無呼吸症候群の検査を受診させ要治療者には完治するまで、完治困難な人には適切な配置転換を行い、継続して就業できるように努力されております。 睡眠時無呼吸症候群(SAS)眠っている間に呼吸が止まる病気です。健康・過労起因事故に関わりが強いとされるSAS・睡眠状態・認知機能を定期的にチェックする必要性があります。こちらの事業者での重大事故(居眠り)にはSASが起因していたとのことです。

「安全」と「健康」どちらに重点を置いているかの質問で大半の方は『安全重視』でした。私も「安全」に挙手しましたが、この発表を聞いたら「健康」にもっと意識を傾ける必要性を強く感じずにはいられませんでした。今後の課題として「健康」をテーマに考えて行こうと思います。

20151125_131442

 

スカニア導入 27/11/19納車式

2015-11-26

すでに弊社HP『スタッフブログ』で紹介されておりますスカニアトラック納車の経緯についてお話しします。そもそも『スカニア』と言う自動車メーカーをご存知でしょうか?国内に流通している外国トラックではスウェーデンのボルボやドイツのベンツが思い浮かびます。ではスカニアはどこの国のメーカーでしょうか?ボルボと同じスウェーデンなんです。北欧では長距離輸送のトレーラーヘッドとして人気を博しております。そのスカニアが日本に進出してきたのは今から10年位前になるでしょうか?日本では日野自動車が販売代理店として日野スカニアとしてトレーラーヘッドの販売がされておりましたが、2009年にスカニアジャパン㈱日本法人を立ち上げスカニア社が販売する事になりました。2年前東京ビッグサイトで開催されたトラックショーでスカニアブースを訪れた時、セールスマンが日本でトラックの販売計画があると聞いておりました。その時は期待することもなく受け流しておりました。

そして今年の6月スカニアトラックが日本で販売開始され、富士スピードウェーで開催された試乗会に興味本位で参加し初スカニアを試乗体験しました。私自身トラックに乗るのがかなり久しく、ぎこちない所もありましたが国産車と比較しても違和感を覚える事も無く終了しました。その後は、お決まりのセールスマンが来社して営業活動が始まります。さて、気になる事はプライス・アフター・故障時の対応であり、重要視するのがとかく外国車は故障が多く修理費がかさむと言う現実をどうとらえるか!これについては外国トラック(ベンツ・ボルボ・スカニア)を導入した運送事業者さんの声を聞いて、その声をセールスマンにぶつけ現状はどうなのか?これは機械ものなので当たりハズレは有る程度覚悟をし、セールスマンを信じることとしました。(でも心配!)次の交渉はプライス!国産車より高いと思っているものの価格差が大きければ論外な話しになります。第1回目の見積書は高い!これじゃ買わない!有る程度の国産車の見積もりを教示し第2回目の見積もり書を見る。1回目より1割強下がり発注する運びとなりました。

スカニアトラックを導入するメリットは何か?一番はパフォーマンスでスカニアトラックの納車は国内で現在3台のみ(名古屋・大阪・千葉当社)で東本エリアで一番乗りの話題性とドライバーのモチベーションアップが決め手と成りました。スカニアドライバー小林君のお気に入りで,走っていると熱い視線を感じたり止まっていると人が寄ってくることもあるようです。ドライバーさんのモチベーションアップと会社の看板になってもらえれば導入した意義と価値が十分あると言えます。

今後スカニアトラックのメンテナンスを万全に故障無く運行出来る事を切に願います。評判が良ければ増車計画を立てたいと思います。

20151119_151152

納車式! From EU!?

2015-11-19

本日は撮影会!?快晴とは 言えませんが何とか天気も持ちましたね。

本日14時より新車納入式を執り行いました。『またロジックスラインさんはラッピングの車輌を入れたのかな〜?』とお思いの方も多いと思います。 弊社の車輌は近年ラッピングでドーン みたいな感じですからね。

ではでは発表です。

今回は弊社の初!

国産では無く!!!

Sweden SCANIA 音楽

CIMG0421

全国で納車3台目。東日本では初納車。欧州の香り漂うビッグマウス!ヨーロピアン♫ そして、スカニアジャパン代表取締役 ヨハン・ルンデン様と取締役セールス部長 マッツ リンドストレーム様にもお越しいただけました。

20151119_143033

このフロントガラスから地面いっぱいまでグリルが伸びていくマスクデザイン!国産ではこのマスクの使用は弊社が初!

12239628_809083425881239_7384118892145511860_n

1604868_809083555881226_1072850925321911037_n

CIMG0425

側面にはSCANIA様のキャラクターデザインのグリフィンがあしらわれております。獲物を狙うイメージをもっと際立つために、ウィング側へイメージを流すデザインです! 側面後方にはSCANIA様のLOGO&MARK 中々活かす車輌でスタッフも驚きでした。外車のオーラーもありますが弊社カラーも織り交ぜた何とも言えないGood Design。

弊社の前の道幅がなく狭いこともあり、納車スタッフの方がバックで入場にしっくはっくしておりました。 ドライバーが見かねて変わろうとしたとき!!!

20151119_142312

弊社代表自らバックで構内に納めていただきました。やはりハンドルを持つとトラックドライバー時代のようにプロフェッショナルに戻りますね!流石でした。これには現役ドライバーも「社長~全然走れますね!!!」と言ってました。 社長からお話をいただき、乗務を任される入社3年 小林君 車番は58-84 コバヤシ! 任される彼からの意気込みを話してくれました。

20151119_145644CIMG0426

納車式はやはり鍵を渡さなくては始まりませんね。 まずはSCANI様から代表へ。

CIMG0428

ちゃっかり私も・・・。矢島常務と一緒に♬ 正直前の納車時とはちょっと変わり、入社して働かせていただき会社のためにやってきた事が、こうして新車を購入できることに繋がっているんだなっと感じました。新たなやり甲斐ですね。

CIMG0430

託された小林君へ

CIMG0433

彼から「ボルボに乗りたいですね~。」と言っていた昨年。でもこれからはI Love SCANIA♥でしょう。「何年後も新車みたいだね!と言ってもらえるよう綺麗にしていきます!!!」と言ってくれました。

最後は恒例の全員で集合写真。

CIMG0442IMG_1069

IMG_106420151119_142703

最後は、SCANIA様から弊社代表の1週間フライングのサプライズハッピーバースディケーキを頂きました。代表沢田も驚いておりました!いつもはトラックのデザインや装備でスタッフを驚かせますが・・・。今回は自分も驚きの納車式となったようです。

11013506_809083332547915_6629167198483428557_n

今夜から弊社モータープールの51号線側に駐車となります。是非、ご覧いただきたいですね。

地図画像

今回も数社取材が来ております。記事が出来たらアップ致します。記者の皆様よろしくお願い致します。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

物流ニッポン新聞にも掲載

2015-11-18

明日はイベント!?が待っています。今夜に雨が上がるのを祈るばかりです。

今回は物流ニッポン様にも記事を掲載してもらいました。 高橋様ありがとうございます!!!

20151118194134848_0001 (2)

こんなに上げていただくと第三回にも力が入りますね!頑張ります。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

日常点検!

2015-11-18

先週末の土曜日、日野自動車様にお越しいただき弊社ドライバーに朝の運行前に実施する点検をご講話いただきました。

CIMG0390CIMG0367

CIMG0368CIMG0370

最初に運行前点検、日常点検ですが、何故するのか?基本の基!からお話しいただきました。次に点検する場所!点検箇所の点検の仕方を学ぶ!

CIMG0372CIMG0373

CIMG0374CIMG0376

座学を終えて外で実際に点検です。当日は雨でしたので倉庫で実施!

CIMG0410CIMG0403

CIMG0407CIMG0408

CIMG0412CIMG0413

CIMG0414CIMG0415

ドライバーからの質問が座学や実施講習中もあり実に有意義な講習会となりました。

CIMG0418

日頃トラックを運転し仕事をするドライバーは、周りに安全を保つのはもちろんの事!自分の身を守るのも仕事です。その自分の身を預けるのは車両です。運行の前に愛車の調子を確認する事は至極当然なことで、日々の車両のコンディションの違いや異変に気づくとても大切な実施事項だと感じております。

各自愛車のコンディションを確認し安全運行を継続してまいります。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

第2回安全推進大会が記事掲載!

2015-11-14

肌寒く感じる雨が、しとしとと降り続いております。こんな時は車間をいつもの2倍位たもち余裕を持って運行したいですね。

先月の終わりにブログでもご紹介致しました、第2回安全推進大会の様子が物流ウィークリー様の2015年11月19日号に、『飲酒運転「ゼロ」へ 安全推進大会を開催』と題して取り上げていただきました。

20151114115926426_0001 (2)

年々中身を良くしていきますので、第三回も学び多いものを企画してまいります!

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

 

成田空港の構内規則!

2015-11-13

ようやく木々の色が紅らめてきた成田空港です。

昨日は、貨物の立ち会いと安全の資料作成に成田国際空港貨物地区におりました。輸入輸出は面白いもので、週の始めに輸入の貨物が多く届きます。そのため空車のトラックが天浪待機場に集まってきます。逆に輸入の場合は週の中頃から輸出が反転し始めます。週末は輸出待ちの貨物を積んだトラックが、所狭し!と上屋へ横ずけ駐車しております。

13646

そんな日々の貨物を受けたり積んだりするのがフォークマンです。弊社フォークマンもプロフェッショナルとして日々業務に当たっております。貨物地区にはいろいろなルールが実際にはございます。なかなかこの辺のことに関しては、皆様には知られてないことが多いと思います。そんな規則やルールを少しご紹介したいと思います。

image

image

構内は一方通行が多く初めて来るドライバーさんは、戸惑うことや実際に逆走してしまうケースもあります。因みに逆走は違反となり貨物地区管理会社であるNAA様より違反点数が点きます。しかも持ち点

5点!!! 上記の写真の通りなにげにすぐにOUT!です。

車輌の速度は20km/h、フォークリフトは8km/hと設定されております。 弊社はフォークリフトのリミットを8km/hへ設定し作業しております。定期メンテナンスや気付いた時にはリミットの再調整をはかり、構内ルール遵守で作業しております。

悪質な場合や注意や違反が多い者には、貨物地区内での車輌の入構やフォークへ乗る事が出来ず(期限付き)作業が出来なくなります。

地区内はルールや標識がありますが、混雑時は歩道を渡らず斜めに渡る人や自転車がおります。トラックとフォークリフトの間をすり抜けて行きます。危険なところであります!

imageimage

手前味噌ではございますが、空港で作業しておりますフォークマンは数年接触事故などの物損や人身事故を起こしておりません。余りの長さで正確な日数は分かりませんが、かなり長期的な継続です。※NAA様に確認すると分かるそうです。

貨物地区にも規則があり弊社は常にフォークリフトから車輌までルール遵守で業務遂行しております。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

 

第2回 安全推進大会 開催!

2015-11-04

先日の冷え込みが嘘のように秋晴れの成田市ロジックスライン本社です。

さて先日10月31日、弊社主催!第2回安全推進大会を開催致しました。

DSCF7049image

10月31日最終末の土曜日、15時から17時半までの夕方のお忙しいなか多くの方に来場して頂きました。この場をお借りし感謝申し上げます。

DSCF7011DSCF7009

会の司会は、私加藤がナビゲートとなり進めさせていただきました。拙い司会進行では御座いましたが、一生懸命努めさせていただきました。

先ず弊社の代表の沢田よりか開会の挨拶。

CIMG0231CIMG0235

CIMG0236CIMG0234

千葉県トラック協会様と内閣府 政策統括官 交通安全企画様より、お言葉も頂けました。

DSCF7003DSCF7005

DSCF7006DSCF7051

続ましてセーフティープロモーションを作成した動画(13分)をご覧頂きました。(加藤作成) トラック走行動画と本年に事故を起こしたドライバー、数名から安全と飲酒運転について考えや心得をインタビューした物を織りまぜました。 ドライバーさんに助けてもらい良い出来栄えになったと感じております。

CIMG0242CIMG0243

CIMG0247CIMG0248

そして、弊社の日頃やっている実務の中で時間管理や点呼、貨物のチェックから積み込みまでの安全活動について発表させて頂きました。

DSCF7026DSCF7025

ここは、細かな時間の計算や帳票に分かりやすいよう記載などしている事をパワーポイントのスライドで発表。 終了後、「ここまで管理しているんですね。」など驚きのお声を頂きました。 ですが実際、安全性が問われてしまう事業者とコンプライアンスに対応しようとする事業者では管理する質が違うかもしれませんね。

CIMG0251CIMG0254

CIMG0258CIMG0261

CIMG0267CIMG0270

そして今年のメーンイベントであります。外部の方が話す講話!

CIMG0278CIMG0279

昨年、第1回安全推進大会で井上ご夫妻に「飲酒運転撲滅」をお話し頂き、今年も飲酒運転撲滅のお話を福岡県にあります「NPO法人はぁとスペース」代表 山本美也子様にご講話頂きました。

CIMG0280DSCF7041

DSCF7042DSCF7043

山本様の旦那様(山本浩之さん)は、障がい者で車いすマラソンに参戦されており国内1位!海外を飛び回り国際大会に参加し賞金を稼ぐプロレーサーだそうです。その旦那様と外出した際、バス乗る時に時間がかかり乗っているお客さんから「早してくれんかい!」などと言われる。障がい者用の駐車場でも、普通に歩ける方が駐車しているところを注意しても逆に怒られる。そんな経験をしていつもぶつかっていたそうです。これを改善したくて、障がい者の方たちの事、現実を知ってもらおうと障がい者の方たちのサポートをするべく「NPO法人はぁとスペース」を立ち上げたそうです。

ところが、ぶつかり合っていては何時までたっても良くならない。そう気づいてからは、バスに乗る時に「今から障がい者の人がバスに乗りますからね、時間がかかりますからね。バスに乗せていただいてありがとうございます。」と感謝をするようにしたそうです。すると、バスの乗客が手を差し伸べてくれるようになったそうです。感謝をして説明すれば分かってくれるんだ。と実感したそうです。そして感謝をしながらNPOを立ち上げて1年後、息子寛大さんを飲酒運転した乗用車にひかれ亡くしてしまう。悲しい出来事が起きてしまいます。悲しみに暮れる中、旦那様と前を向き寛大さんの分も夢を持ち生きるんだ!と障がいの子供たちの陸上教室を福岡と大分で活動しているそうです。

CIMG0283DSCF7047

そして、事故で亡くされた寛大さんと友人のお話を聞かせていただきました。正直、文章や言葉と言うよりは山本様の声、講話をぜひ聞いて欲しいと心から思います。Web⇒こちら

DSCF7040DSCF7045

山本様の活動に参加している障がいのある4歳の男の子が、飲酒運転撲滅の活動に参加して声をかけている事を知りました。 4歳の子が飲酒運転撲滅の声がけをしている事。心に響きましたね!

CIMG0285

CIMG0286DSCF7058

他にも飲酒をした時の視界や感覚になる眼鏡をかけて、指定の方向へ歩行してもらう事などを体験。見事に左壁にぶつかる弊社管理者とドライバー!

CIMG0287CIMG0289

CIMG0290CIMG0291

最後に山本様から、「飲酒運転をしない!させない!」と言う事をお願いされました。そのお願いに応える誓いで、会場全員が飲酒運転ゼロの”0”を手で形取りしました。

DSCF7080DSCF7082

私も司会の最後に「4歳のしゅんぺい君でもやっているんです。我々大人が出来ないわけがないです!受け取ったバトンを家族や友人に伝えて行きましょう!」とお話させて頂きました。飲酒運転撲滅を家族や友人に伝えて行こう!とモチベーションが上がるお話でした。

昨年と今年の2回足を運んでいただいた方から、「昨年の講話から今年の話に良い繋がりができ、深く飲酒運転ゼロを目指したい!と感じました。」と仰って頂けました。本当に良い会でした。

会の最後に、弊社が用意致しました交通遺児募金と山本様の飲酒運転ストップステッカーを頂ける募金活動を行いました。

DSCF7036DSCF7037

今年も大盛況で終えることができ、本当に感謝感謝です。

また、関係機関と協力会社様にはご参加いただき誠にありがとうございます。

この度の第2回安全推進大会にご参加頂きました、弊社が日頃よりお世話になっておりますご協力会社様及び関係機関をご紹介致します。

千葉県トラック協会様

内閣府 政策統括官 交通安全企画様

一般財団法人日本科学技術連盟様

西濃運輸株式会社 佐倉支店様

西濃運輸株式会社佐倉物流センター様

株式会社千葉銀行 富里支店様

三井住友ファイナンス&リース株式会社様

三菱オートリース株式会社様

赤堀社労士行政書士事務所様

関東交通共済共同組合様

第一生命株式会社様

ほけんプラザエイプス株式会社様

株式会社トランストロン様

スカニアジャパン様

UDトラックス株式会社様

いすゞ自動車首都圏株式会社様

株式会社シュテルン成田様

千葉日野自動車株式会社様

トヨタ L&F千葉株式会社様

株式会社ヤシカ車体様

ブリジストンタイヤサービス東日本株式会社様

ヨコハマタイヤ成田トラックセンター(YNS)首都圏株式会社 成田支店

エネクスフリート株式会社様

太陽鉱油株式会社様

株式会社東日本宇佐美様

物流ウィークリー様

物流ニッポン新聞社様

株式会社求人ジャーナル様

株式会社東京商工リサーチ様

株式会社共和通商様

富士運輸株式会社様

柳澤運送有限会社様

ヤマト運輸株式会社 三里塚センター様

※順不同

来年も良い安全活動、並びに地域貢献をしながら安全をうたえればと考えております。次回のご参加もぜひご検討いただければ幸甚でございます。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

ドライバーやフォークオペレーター、

夜間点呼者や一般事務職の方なども求人募集中!

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

 

安全推進大会・飲酒運転撲滅講演会

2015-11-04

霜月11月に入り朝晩の冷え込みが身体に感じる季節となりました。今年も残す所2ケ月となり、あっと言う間に過ぎてしまいましたね。年末に向けて気を引き締め直し頑張って行きましょう。10月31日の土曜日に弊社の第2回安全推進大会・飲酒運転撲滅講演会を社員とお客様50人を招いて執り行う事ができ、参加下さった皆様、設営準備に精を出してくれた社員に感謝致します。

昨年の第1回目の大会でも飲酒運転撲滅講演会を行いました。1999年行楽帰りの乗用車に常習的に飲酒運転をしていた大型トラックが追突し、幼いお子さん2名が焼死されましたが、奇跡的に助かった井上ご夫妻にご講演を賜りました。ショッキングな事故であった為、心を打たれる講演会でありました。

さて、今年の第2回目をと考えた時、パソコンで講演活動されている方を検索する私がいました。何件か検索していると福岡県で『飲酒運転撲滅活動』をされているNPO法人 はぁとスペース代表の山本 美也子様が目に留まりました。あれっ?この活動に記憶がありました。記憶と言うよりも『STOP飲酒運転』のロゴに見覚えがありました。数度訪れた福岡県でこのロゴを目にしていたからです。 ヨシ!!今回は山本様に依頼をしてみようと思ったのですが、「待てよ!福岡県から千葉県まで果たして来てくれるのか?」などと心配が膨らんだ事は事実です。弊社の予定日をメールで送り、返信は「他の講演が入っています」でした。それなら調整が付く土曜日をお聞きしたら10/31と聞き、即スケジュールを抑えて頂きました。

そして10月に福岡県での視察研修に訪れた際に、はぁとスペース様の事務局を訪問し山本様とお逢いする時間が取れました。NPO法人の活動内容や息子さん(寛大君)の事故当時の話を聴かせて頂き、多感な時期を迎えた16歳の命が悪質な飲酒運転のドライバーに奪われた被害者遺族の声とお酒教育の話を聴きました。 講演会当日は福岡空港から成田空港へ着かれた山本様を弊社車庫と全国的に有名な成田山新勝寺を案内致しました。

安全推進大火では弊社オリジナルのプロモーションビデオと安全への取り組みについて発表しました。今回の会にサプライズがありまして、大会2日前に内閣府の方より弊社安全大会に参加希望のメールが届きました。断る理由も無く逆に是非お越し下さいと招待致しました。当日にご挨拶させて頂き、なんと大会の席でご挨拶下さるとのことで、弊社にとって大変光栄なことでした。(内閣府の趣旨は山本様の講演を拝聴し内閣府の交通安全企画に検討していくようです)

山本様による『飲酒運転撲滅講演会』へと進行して参りました。(山本様千葉県で初のご講演でした)

安全推進大会の模様は『スタッフブログ』にてアップ致しますので、お楽しみに!

030 023

022 043

047 091

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.