1月, 2016年

安全対策は万全に!

2016-01-30

現在弊社では安全輸送の根幹である交通事故を減少させる目的で安全強化に全社一丸となって努めております。

今年第1回目の安全ミーティングを本社会議室で行ないました。まずは「道路交通安全方針」の目標と計画からです。

プロドライバーとしての責任と自覚を高め、悪質な違反(酒酔い運転・酒気帯び運転・過労運転・薬物使用運転・最高速度違反・過積載運行・救護義務違反など)撲滅する事です。そのためには、輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック・改善(P・D・C・A)を確実に実施する事で、道路交通マネジメントシステムを継続的に改善し、安全対策を不断に見直すことにより、絶えず運輸の安全性の向上に努めるものです。この趣旨を社員全員が認識し安全意識の高揚を図るべく指導・教育するのが私を含む運行管理者の役割であります。

国交省の「指導・監督の指針」に基づく教育内容である11の指針を常日頃から指導しなくてはなりません。今回は①と②の二項目を指導教育します。

①『トラックを運転する場合の心構え』

プロとして社会生活を支えている仕事に従事する自覚と誇りをもつこと!

お客様の荷物を大切に扱う!

プロとして他のドライバーの模範となる!

マナーを守りコスト意識を持って運転する!

安全輸送は大切な品質のひとつです!

②『トラックの安全運行を確保するための遵守事項』

乗務員として守るべきルールを徹底しよう!

翌日の運行まで酒気が残る飲み方をやめよう!

踏切通過時は向う側に1台分空くまで進入しない!

タイヤ周りの点検は確実に実行しよう!

皆さんにとっては当たり前に理解している内容ではあるが、気の緩み油断が思わぬ事故を引き起こす可能性を認識しハンドルを握って頂きたと思います。

安全対策を見直すと私の管理監督不十分だなと感じる点がいくつも露呈されてきました。トラックの装備品の点検では点検ハンマー・三角表示板が積まれていないトラックが多く、今まで良く問題もなく来たものです。

不備な備品は取り揃え全トラックに配備致しました。加えてですがドライバーさんが怪我をした時、応急的に処置出来る様にと救急セットを配備しました。

029  031

034  032

035  036

037  038

014  015

010  013

 

とある会社のオフィシャルブログより!

2016-01-29

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)による情報収集や共有、ブログ、ネットワーク構築、交友関係など様々な使い方で老若男女問わず活用されております。代表的なSNSと言えば「フェイスブック」「ライン」「ツイッター」など数えてみたら20個くらいあります。

弊社のホームページにも「フェイスブック」ページを設け身近なチョッとした出来事などを投稿しております。私も個人的に「フェイスブック」を楽しんでおります。

一昨日のFB投稿に目をやると、とある会社のオフィシャルブログを開くと、なんと当社の看板車輌であるペイントトラックが写されておりました。私が社員(ドライバー)さんに口にする『いつ・どこで・誰が・どう見ているか分からない!』ドキッとしました!

日々安全運行に徹し誰が見ても安心する運転マナーを身につけて頂きたいと思いました。

1454059982067

物流革新セミナー!~時流予測!これからこうなる物流業界~1/27

2016-01-28

昨日は久々に暖かくなり気持ちもかろやかに東京で開催された船井総合研究所物流セミナーに参加して参りました。新年第1回目なので顔を合わせた方々には挨拶をさせて頂き、今年も多くの学びを吸収し会社の成長に繋げていきたいと思います。今回の「物流革新セミナー」は第8回目を数え年々受講される人数が増えています。それもそのはず、今年一年を左右しかねない重要なポイントが聞けると有れば日本各地より受講者が集結しますね。

<船井流 成功の3条件>

素直■■■Aという情報をAと受け止めるのが「素直」すべてをあるがままに受け入れる柔軟さ

プラス発想 ■■■聞いた内容を否定せず、まずは前向きに考える心

③勉強好き■■■「知らないこと」を追求し、吸収しようとする姿勢

*聞くときに「うなずきながら」聞くと良いようです。ではこれか始まるセミナーでは「目に入るもの」「耳に聞こえるもの」を素直に受け入れ前向きに吸収していくことにします。

~これからこうなる物流業界~ 荷主企業の物流戦略はこう変化する! 2016荷主企業の物流キーワード

キーワードが3つ挙げられていたひとつが『料金の適正化』●物流業界の好業績は既に周知●燃料費の下落が明確●消費税アップへの流れ(2017年4月)トラック業界は自由運賃になってから久しく(物流二法・規制緩和)事業者の増加に伴い運賃のダンピングが横行した結果、法令順守がままならなくなっていた昨今かも知れません。

重大事故の多発や社会モラル(世論の声)を受けここ数年来行政による規制が強化された。(コンプライアンス)加えて普通免許制度の改正(新普通免許制度)少子化の影響は少なからずトラック業界にダメージを落としたことは間違いないはず。燃料高騰(高止まり)に泣かされ利益が生まれないトラック業界にやっと一筋の光明が燃料価格の沈静化(下落?)やっと今の燃料価格と常態化した低運賃がマッチするのではないでしょうか。燃料高騰した2008年頃(リーマンショック)に国交省が音頭を取り燃料サーチャージの普及を呼びかけたが、実際のところサーチャージに成功した事業者はほんの一握りでしょう。データーによると2012年5月を100とした場合、昨年12月で仕入れ価格指数は25%ダウンしております。

ここで注目しなくてはならないのが燃料サーチャージの落とし穴である燃料が下がれば請求できないことです。その反面トラック価格や装備の値上がりと何よりも人材確保(ドライバー)に経費が費やされ燃料が安くなっても利益がむしばまれているのが本音ではないでしょうか。(好業績の会社は燃料の下落につきます)荷主企業が燃料価格下落を理由に事業者に運賃値下げを要求する事は避けて欲しいなと痛切に感じます。

関越自動車道バス事故・軽井沢碓氷峠バス事故の裏には運行会社のずさんな管理体制(コンプライアンス軽視)価格競争の激化・旅行会社からの値下げ強要などいくつかの原因があるにしても適正運賃の収受は安全輸送の根幹であることを教訓とした事故だったと思います。(運行会社の責任は重大です)

地域密着型ユニーク業態で高成長&高利益を実現する会員事業者の秘密

この事業者の社長は私とほぼ年齢が同じで2代目社長です。自他に認めるぶっきらぼうさが感じ取れる社長(自分で公言)ではあるが先代社長(親父さん)からのDNAを受け継ぎ、突拍子も無い発想や物へのこだわり執着心はスゴイものがあるなと思います。(昨年2月表敬訪問しました)新車のトラックでは利益が出ない!中古車や時には事故車を有効活用するスペシャリストです。自社に整備工場を有し点検整備、車検板金までお手の物としてやってしまうし、中国メーカーのタイヤ販売から(自社で実証実験済み)中古デジタコの買取販売なども手がけております。

会社の業績も右肩上がりで好調さが社長の顔に現われるくらい順風満帆な表情をうかがい知ることができます。この事業者さんが得意とする「共同配送」東北から関東・東海・北陸・関西・中国一部・四国への配送網の確立(その裏には社長自身が自分の目で確認しないと納得しないポリシーがある)この行動は私にもかぶる点があり重要なポイントだと思います。会社の成長ぶりや社長のモチベーションアップ(子供であり好きな車やゴルフ)は講演を聴きながら羨ましく感じつつ私の励みにもつながりました。

2016年 物流企業の時流適応戦略

7つのポイントが挙げられている中で3つ印象に残るものがありました。

益々の人材不足(現場・管理者)ドライバー不足はよく耳にする話であって今後更に深刻化するのは間違いない事で、すれば管理職の成り手も必然的に困る時代が押し迫っているのかも知れませんね。

ノンーコンプライアンス企業の淘汰(ツァーバス事故に象徴されるバス会社のずさんな運行管理と指導教育)安全確保には投資が必要(安全装備・安全教育)代表者(社長・オーナー)の人間性や価値観が如実に表れます。

③対応力>品質≧価格(輸送品質の向上・ドライバーや作業スタッフのスキル及び印象は価格に反映しなくてはならない重要なポイントです。また、繁忙期にでも対応できる機動性を備え持つことが大切だなと思い今日のセミナーを終えました。

20160127_125819

新年会開催の記事掲載

2016-01-27

新年の挨拶を盛大にヒルトンホテルで執り行った今年、スーツを着る機会を持たないスタッフも何か違った感じの中、良い顔合わせとなりました。物流ニッポン社の高橋記者様に、その時の集合写真を掲載頂きありがとうございます。 新しい事をするには難しいことも出ますが、進む!と言う点では素晴らしい行事及び新年を切ったと実感してます。 また、10年間の永年勤続の表彰は長く続けられる会社としての結果と考えます。5年間のスタッフもまだ入ったばかりのスタッフも長い目で育ってくれることを期待して、ロジックスラインが更なる飛躍となるよう歩んでいきたいですね。

20160125162058888_0001

永年勤続のお二人の力が現在のロジックスラインのパフォーマンスの原動力です。これからも後輩たちへスキルと仕事への情熱を伝えていただきたいですね。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

担当:加藤まで

今年初のセミナーに参加してきます!

2016-01-27

暖冬から一変して寒い日が続く今日、都内で開催される『物流革新セミナー』で学んで参ります。なぜ参加する前に?会社を後にしたら今日の投稿が出来ないので朝の内に頑張ってみました。

セミナーのテーマは『時流予測!これからの物流業界』この胸が高鳴るテーマにふさわしい物流事業者の社長が講演をされます。研究会ではいつも情報と知恵の溢れるお話しを聞かせて下さり、昨年の2月今回の社長の会社を表敬訪問させて頂きました。

今回のセミナーでは新たな気づきや情報収集に耳を傾け学んで来ます。

今日は当社でのコンサルが入る日、私不在ですがゴールを目指して事務所スタッフの皆さん頑張って下さい。

いすゞ新型ギガ

2016-01-26

弊社には国内トラックメーカー4社と外車メーカー1社の計5社のトラックを所有しております。国内M社以外の4社は積極的にセールスを掛けてきます。21年ぶりにフルモデルチェンジしたいすゞのフラッシング大型トラック『いすゞ新型ギガ』が当社へデモに来ました。21年ぶりのフルモデルチェンジは昨年10月に開催された東京モーターショーで華々しくデビューしました。我々ユーザーはフルモデルチェンジに大きな期待を膨らませ首を長くして待ち望んでいました。東京モーターショー会場に足を運び新型ギガを見た時「衝撃が走りました」と言いたいのですが、デザインにもう少しひねりを加え斬新なデザインの方が良かったかなと本音では思いました。

これ以上書くと問題になってしまいますので止めます。トラックの開発費には莫大な投資が必要な為、モデルチェンジのサイクルが長くなっている事は否めません。今回のギガのフロントバンパーはモデルチェンジ前の最終型ギガに似ておりドアはいすゞの4トン車に似ております。それとフルモデルチェン時ハイルーフの設定が無く、標準ルーフのみの販売でした。ハイルーフ車の設定があれば良かったのに!(ハイルーフの設定は4月以降に出るそうです)では試乗と行きましょう!久々のトラックの運転で安全に運転が出来るか?心配になりましたがそこはすぐに勘を取り戻しスイスイと試乗することが出来ました。

今回改善されたと言うスムーサー(自動変速機)は自動変速する時に『ウ~』と言ううなりが解消されスムーズに変速しているようです。(私は普段トラックを運転していないのでその差がハッキリと感じないのが事実です)国内トラックでは初めてと言うステアリングスイッチがハンドルに付き、操作性が上がったと言えるでしょう。

今後当社仕様のハイルーフで見積もりを取ってみます。今回当社担当営業マンは大型免許取得中に付き他の営業マンが運転してきて下さりました。担当営業と一緒に支店長と営業課長もPRにお出で下さりました。

041 052

049 043

034 031

 

不始末!

2016-01-25

今朝点呼係より私宛に一本の連絡が入りました。予期せぬ電話はドライバーの不始末でした。詳細は述べられませんが『またかい?』『朝から勘弁してよ』 心の緩みや甘えが他の仲間に迷惑や心配を及ぼすかを今後しかと考え反省して欲しいものです。

安全最優先!

2016-01-23

私はよほど都合が悪くない限り毎土曜日の出庫点呼を実施しております。今朝は午前4時20分より点呼を開始、私が実施する事でドライバーさんに何か感じて頂けるものが有ればと思います。アルコールチェック良し!免許証チェック良し!健康状態良し!睡眠良し!日常点検(運行前)良し!ご安全に行ってらっしゃい!

この時期の安全対策で神経が敏感になるのが雪の心配です。今冬は暖冬で雪の心配は要らないかなと思っていたら今週月曜日の降雪で一部難儀したトラックが発生しました。今夜も雪の降る予報ですのでスタッドレスタイヤを自家用車に履かせました。万が一の緊急時に現場へ駆けつけられる様準備を整えました。出番など無いに越した事は有りませんので、雪道、路面凍結の走行には低速走行と車間距離確保を忘れずに運行して下さい。

20160123_110731

20160123_110708

バス事故から1週間!

2016-01-22

1週間前の金曜日深夜にスキーツアーバスが崖下に転落し、多数の負傷者が出ているとニュース報道が目に飛び込んで来ました。どうして観光バスが転落したのと?我が目を疑う映像に背筋が凍りつくほどショッキングな事故です。乗務員2名を含む尊い命15名が死亡する重大事故となり、ご冥福をお祈りするとともに、負傷された方の早期快復をお祈り申し上げます。

今回の事故でいたたまれないのは未来のある若者(19~22歳の大学生)13名亡くなったことです。大学センター試験で大学の休校を活用し楽しい思い出づくりに出かけたはずなのに、この様な悪夢とも言える事故を誰もが予想しなかったはずです。予測できたとすればバス運行会社の関係者と当事者のドライバーで合ったかも知れません。

実は被害者の男子学生の一人が私の息子と同じ高校の同級生でありました。ゾッとしますね!裏を返せば息子が今回の事故の犠牲者になった可能性は否定できません。愛情を注いで育てあげた我が子がこんなにも無残な最期を遂げ、親御さんの心境は計り知れなく辛い物だと察します。わが身に置き換えたら気がおかしくなっても不思議ではないと思います。

事故から1週間が経ち徐々に原因が解明しつつありますが、一番驚いたのはバス会社のずさんすぎる管理体制と安全意識の欠如に尽きます。ドライバー不足・高齢化・低運賃などが業界の問題点に挙げられておりますが、全く持って事故との因果関係は希薄だと私は思うのです。何を先おいても一番はドライバーの精神状態でありモラルのはず、それを管理監督する運行会社が法律に基づき適切な管理と指導教育を施していくべきです。しかし人は完璧なものではなく体調に左右されたり、精神的体力的にも不安定な要素をもち、時として「ヒューマンエラー」が起きてしまうものです。

今回の事故では乗務員の経験不足(大型バス経験・中長距離運行)は否めませんが、常識をもって考えれば冬場の(凍結・積雪の危険性)碓氷峠(碓氷バイパスが開通して道は良くなった)を深夜乗客を乗せ走ること事態が自殺行為に匹敵するのではないでしょうか。今から30~40年前にはトラックが箱根峠から転落する事故(過積載でカーブ曲がり切れずやフットブレーキの多用で利かなくなる)が頻繁に発生していたと聞いたことがありました。私がこの業界に飛び込んだ頃、先輩より「○○道路の信号は先頭で止まるなよ!突っ込まれるぞ!」「○○峠は道幅が狭いから気をつけろ!」とアドバイスを頂いたものです。

トラック業界は平成2年に物流二法が施行され、かつての免許制度から規制緩和による一定の条件を満たせば開業できる許可制となりました。 貸切バスはトラックより遅れること平成12年に規制緩和され両業界では過当競争の幕開けになってしまいました。法令順守(コンプライアンス)を無視する悪質とも取れる事業者の横行、そもそも法令順守に従っていたら商売にならない悲しい現実が浮き彫りになりました。ですが昨今では行政の規制強化が強まりコンプライアンスを遵守していかないと企業の存続が危うくなる社会です。

それなのに?4年前のGWに関越道藤岡ジャンクションで高速バスが防音壁に激突7名が死亡したバス事故は記憶に新しいところです。この事故が機となり高速ツアーバス廃止となりバス業界には大きな影響がでたはずです。奇しくもこの事故を機にバス業界には法令順守の風潮が強まり運賃面では改善されたと思っておりました。東日本大震災後減少していた訪日外国人の増加も一助と成し、バス業界は潤い安全対策に投資できる環境が生まれたものだと思っておりました。「喉元を過ぎれば熱さを忘れる」下の様に風化してしまうのですね。

今回のスキーツアーの運賃が19万円で認可運賃で計算すると下限27万円の報道には正直開いた口が閉じませんでした。19万円でも悪くないよね!とトラック業界に従事される方は少なからず思ったはずです。トラック運賃で都内から長野県を大型車で往復しても12~15万円位では?『人命』『物』の大きな違いがあれど国(行政)に守られているなと思います。

トラック業界も認可運賃がかつては有りましたが今は自由運賃のため厳しい環境下で経営している事業者が大半です。以前に物流新聞社の記者に「トラックの認可運賃見直し」について聞かれたことが有りましたが、私は「今さらの話でトラックは国民のライフラインに直結する、多種多様な貨物を輸送するので難しいのでは」と答えた記憶があります。今は考えがやや変わりトラック業界にも認可運賃の導入の運びとなれば「安全と品質」の高い事業者が残っていけるのではと期待してしまいます。(非現実的な話ですけど)

今回のスキーツアーバス事故だけではなく今年に入り路線バス・観光バスの事故が相次いで起きた事により国(国土交通省)の更なる規制強化が求められる事になると思いますが、そのしわ寄せがトラック業にも大きく影響するのではと懸念する声があります。私的意見としては人命の尊重を重要視し国の施策が規制強化の動きになれば生き残る術をそこに見出したいと思う所存です。

*意見の相違や語弊を招くような表現があるかも知れませんが悪しからず!

いつも心ひとつ!

2016-01-21

今年早くも20日が過ぎ時の速さを感じる今日この頃であります。弊社の玄関を入ると正面にコルクボードが有り、そこには創業当時や思い出の写真が引き伸ばして貼ってあります。他にも無事故カレンダーやスローガンが貼られており、やっともう1枚の掲示物を貼る事ができました。それは今年の『安全目標』をドライバーの皆さんに記入して頂き、集合写真・トラックの写真を織り交ぜたものになります。同じ物をモータープールの事務所にも掲示します。ドライバーさんの安全意識の高揚につなげ無事故日継続を更なる安全運転にて務めて頂きたいと思います。

昨年10月に開催した弊社第2回安全推進大会の集合写真と先に開催された新年会の集合写真を写真立てに入れ玄関先と弊社空港事務所入り口カウンターに置いてあります。社員は仲間であり家族です!いつも心ひとつに無事故・無災害で頑張って下さいね!

20160121_070929本社玄関先

20160115_124925集合写真

1453327143140空港営業所

« 過去の記事

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.