6月, 2016年

表彰状を頂きました!

2016-06-25

昨年1年間の安全運行に対して、関東交通共済協同組合様より評価の賞状を賜りました。

保険でお世話になっておりますが、保険使用がなく(事故がない)一年間を通せたことは本当に嬉しいことですね。 今年度1件の事故が発生しております。 大きな事故ではございませんがヒューマンエラーの怖さを再認識しましたね。 常に事故に対する強い危機感の中、危険を察知する目を日頃から養い対応するすべを身につけて欲しいものです。

P1020231

梅雨時期で走行しづらいですが、ゆとりを持ち『譲り合い』ではなく『譲りっぱなし!』のお先にどうぞ運転で安全走行いていきたいですね♫

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

大型・4トンドライバーの求人募集中!

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

お荷物担当:加藤まで

「人の問題」に課題を感じている運送会社の社長様へと題して!

2016-06-16

日々会社には知らぬ会社より営業的な電話があるものです。それもカタカナの会社名が最近多く一度で聞き取れないこともあります。それらの電話応対は事務員さんが出て私に取り次ぐのですが、応対せず電話を切らせて頂く事が大半です。

6/7にやはり覚えの無いカタカナの会社より私宛に電話が入りました。今思うと暇をもてあそんでいたのか電話に出たのです。内容はセミナー開催のご案内で、よくあるパターンですね。

お宅はどんな会社なの?「運行管理システムの会社です」何をもって当社に連絡して来たの?「帝国データーバンクです」誰が講師されるの?「三重県の中田商事様と船井総研様です」なら参加するよ!「FAXをお流しします」こんな感じで電話のやり取りを終えました。

FAXには『社長には知っておいてほしい、採用や売上アップに直結する!これからの時代の人事制度と安全管理』昨今の業界を象徴する課題をテーマにされていますね。今回参加申し込みをした理由は中田商事の中田社長の顔を久しぶりに見たくなったのが本音です。

中田社長との出会いは、今から8年位前に物流新聞に紹介されている記事を見て存在を知りました。その頃は燃料高騰で運送事業者が苦しい窮地に立たされている時で、国交省が燃料サーチャージを呼びかけておりました。とはいえ燃料サーチャージの算出法も分からずでしたが中田商事様のホームページに算出法が出ており驚いた事を今でもハッキリと覚えております。

この社長はどんな人なんだろうかと妄想が膨れ上がっていくのです。知ったその年の9月に岸和田のだんじり祭りを見ようと大阪に向かう途中にアポイント取らず中田商事様を訪問し、居合わせた中田社長が快く対応して下さったのが出逢いでした。

中田社長も私と同じく創業者で創業した頃や年齢が1つ上とあり、何かと気の合うところがあるように感じております。

今回のテーマである中田商事様の「時間給への移行によって実現する運送会社のリスクヘッジと人事制度」については訪問時に耳にしていたのですが、聞かされたときは衝撃が走りました。それもそのはず業界の概念をくつがえす時間給で給料を支払う訳ですからね。

運送業界では歩合給を採用している会社が多い中、時間給へスライドする事は一歩間違えれば労働問題になりかねない大きな賭けに出た中田社長です。これに至るまでの経緯はお聞きしましたが、反発して退職する者や今日の体制に築き上げるまでは葛藤の日々であったことでしょう。

コンプライアンス遵守の観点からも時間給制に切り替えてから労働時間の短縮や生産性の向上、有給休暇の取得など予想外の副産物に胸を撫で下ろしている様子です。

20160615_140500

運送業界は典型的な労働集約型産業で長時間労働が業界の最大の問題であり、コンプライアンスを遵守しつつ雇用の安定を形成していく事は厳しいと言わざるを得ません。中田社長の時間給制システムから今後も目が離せません。

続いては船井総研の若きホープドラゴン高橋さんの『完全事故ゼロの取り組み50連発!』私は船井総研主催の研究会に参加しているので、内容はある程度把握しておりましたが、通常と違うセミナーで拝聴するのも新鮮味があっていいものでした。

コンサルタントとしての情報収集能力をフルに発揮され、最新の情報を得られたことは今後の私の行動に表れてくることと思います。

20160615_150524

中田社長・ドラゴン高橋さんより貴重な学びを得たセミナーでした。

20160615_163204

北海道先進物流企業視察セミナー6/8~6/9

2016-06-14

先進物流企業視察セミナーin北海道(船井総合研究所)に参加して参りました。例年ですと10月に視察セミナーを開催しているのですが今年は6月に開催されました。

6月の北海道はご存知のように梅雨がなく観光やゴルフを楽しむにはベストシーズンなんですね。

弊社は成田空港に隣接した場所に会社があるので成田空港から新千歳空港へとLCCを利用しました。札幌駅近くでの懇親会からの参加となりましたが、思いのほか参加者が多いのでビックリしてしまいました。それだけ感心どころが高い視察セミナーなのですね。

20160608_175640 20160608_173851

懇親会終了後には地元同業者の皆さんと行政書士の先生を交え情報交換と懇親会で1日を終えました。

6/9は札幌駅至近にオフィスを構えるSATOグループ様を視察です。異業種のビジネス展開する企業でありますが、経営者(企業)の経営理念たる思いがSATOグループの強みであり、地方(北海道)から日本全国へ発進している典型的な企業ではないでしょうか。

佐藤代表の業界なりの常識にとらわれない思想や経営方針が社内外問わず受け入れられていることが企業の発展とパワーの源になっていると感じました。

ここからバスで移動となります。今回利用したバス会社にもどうやら意味があるようです。「運賃の安いバス会社でしょう?」これについては分かりません。

利用したバス会社は十勝バスといい帯広市に本社を構え路線バスと観光バスを主軸に経営しておりましたが、過疎化(人口の減少)マイカーの普及などで経営がジリ貧となり倒産の危機まで陥った会社を息子さん(現社長)が奇跡的にV字快復させた会社です。

十勝バスの社長様が今度ご講演頂けるとのことで楽しみです。ちょうどお昼時になりましたのでお弁当を頂きます。

20160609_124256 20160609_122746

バスがたどり着いたのは北広島市にある「鐵人の集団会社」で丸吉運輸機工㈱様(吉谷社長)です。昨年に続き会員企業が訪問先で参加者の皆さんは楽しみにさていた事かと思います。

丸吉さんでは事務所のリニューアルを計画するものの手付かずであったが視察を機にリニューアルされたとのことです。私は今回で丸吉さんに訪問するのが4回目で綺麗にリニューアルされておりました。

以前は階段脇の壁に地元の子供達が描いた絵がたくさん貼ってありました。

視察の中で驚いたのは創業者の会長の挨拶は予定されていなかったようですが、急遽登壇され創業の経緯や息子に事業継承された思いを聞いたときジーンと来るものが私にはありました。

私も創業社長として18年間経営して参りましたが、あと15年内には息子に事業継承を託したいと思うひとりです。吉谷社長のような賢く立派な息子なら将来の不安が払拭されるのですが!

弊社は雑貨を主に運ぶ会社なので鉄関係にはうといのが本音です。丸吉さんでは鉄の混載便やコンテナ輸送を手がけまるで雑貨輸送と同じ発想に驚かされます。

吉谷社長の話で「やらないことを決める」一般的には「当社は何でも運びます」と云いがちですが絞ることが大切なんですね。肝は完成図(ビジョン)を先に描くこと!事業計画を立てずして今日まで来た当社は奇跡的に生かされているに過ぎないと反省する私でした。

20160609_144659

最後の訪問先は㈱シズナイロゴス様(伊藤社長)3PL事業を北海道風にアレンジし倉庫で保管・配送(協配)する物流全般をカバーする物流会社です。

恵那市の配送センターには大きな倉庫が2棟建っており、うち1棟は近々竣工式を迎える新築倉庫です。

そこになにやら見かけない物体があり、スタッフが身につけ荷物に見立てたケースを持ってデモンストレーションを始めました。これはアシストスーツといい重量物の上げ下ろし時の身体負担を軽減する装置で腰への負担が緩和されます。実用的かは別にしてスタッフへの気遣いが感じられます。気になるお値段ですが1着120万円するらしく、これも驚きでした。

伊藤社長が何やらミニセグウェイで倉庫内を走ってお茶目な社長だなと思ったのですが、どうやらスタッフの倉庫内移動に使うらしく、どこまで社員に優しい会社なのでしょう。

保管されている倉庫内ではトラックが接車してカップ麺の積み込み最中で天井までぎっちり積まれております。満載になるまで1時間半~2時間かかるとの事、いくら軽量物とはいえご苦労様です。

今後の人材難を見越し倉庫内に日本語学校を併設して外国人就労者の雇用に取り組んでいる点は素晴らしい物です。 モットーとして「外国人・女性・高齢者・新入社員も働ける会社」を目指しておられます。

20160609_153941 20160609_153957 20160609_155813

3社を視察して「情報発信」「見える化」「「明確化」「人材育成」「雇用の安定化」を学んだ研修となりました。

received_1135692923143000

 

ゴミ拾い掲載

2016-06-13

本日は強い雨が降りしきる成田空港です。時折吹く風も強き仕切るなか、帰庫してきたドライバーとIT点呼で話をすると『今日の雨はやばかった!走りづらいし視界も悪く注意して運行しました。』、『神奈川方面は朝から風と雨で速度も怖くて出せませんでした。』と報告しております。 雨で視界が悪い中、風が吹くと落下物(ゴミ)も飛んできます。非常に危険ですね。 トラック運行の他、貨物の積み込み時にも雨風に注意が必要ですね。

このような荒れた天候ですが、昼に郵便物が届きました。ポストマンもプロですね!濡れないように届けております。 届いた封書の中に本日発行の物流ニッポン様の新聞が届いておりました。   記事を読んでいると、どこかで見た写真が! そうです。この前ブログで報告しましたゴミ拾い活動が掲載されておりました。

11_201606131616_0001

風でゴミなどが飛ぶとトラックドライバーだけではなく、一般のドライバーの方々も危険ですね。国道51号線をゴミ拾いしましたが、このような風が強い日は、落下物などの風害にあわないように清掃活動したことは非常に社会貢献となっていると感じますね。

記者の高橋様、ありがとうございます。また何時でも弊社にお越しください。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

大型・4トンドライバーの求人募集中!

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

お荷物担当:加藤まで

星3つ!? 東京都貨物輸送評価制度における現地調査

2016-06-09

梅雨入りで雨の成田空港です。 本日はお足元が悪い中、わざわざ東京都より東京都環境局の方が訪問下さいました。 内容は『東京都貨物輸送評価制度』の評価申請に関わる現地調査の実施です。

52815280

当たり前ですが弊社が貨物輸送会社であるかのチェック。 運送業の許可書を確認して頂きました。

DSCF6406

他には登録車輌の確認(車検証)、ドライバーが手書きで燃費を記載してある走行管理表のチェック。(管理者からのコメントまで) 個車ごとの燃費推移表と会社全体の推移表。教育訓練等の年間計画表、教育資料や記録。

DSCF6411

ドライバーに教育する上で務めていること、苦労されていること、エコ運転を実施して経費以外で良くなったことなどの質問を頂きました。

正直、良くなったこととは燃費向上で経費削減、CO2削減、エコ運転実施の際の事故減少(構内などは省く)、そして「人のスキル・技術向上が一番の恩恵です。」と私(加藤)はお応え致しました。ドライバーの日々のスキル向上が本当に結果に直結します。ここが一番の宝だと考えますね。

また、なぜ評価制度を申請したか?と質問されましたね。 『差別化ですね。他社との差別化、個々で燃費向上の意識を保ち頑張ったドライバーへの、第三者からの評価が大切です。』と、お応え致しました。 ※代表が不在ですので私の見解や感じていることですがお答えさせて頂きました。

5284

最後に、環境局の方々が評価制度を通して荷主企業へ推進しておられることをお話し下さいました。 これからも推進に力を入れて頂きたいですね。

結果は7月1日! 星3つ☆☆☆!!! 期待して待っていよう。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

大型・4トンドライバーの求人募集中!

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

お荷物担当:加藤まで

 

景気が悪すぎる!

2016-06-06

誰しもが感じ思っているだろう景気の悪化が昨年の暮れより毎月顕著に表れております。弊社も例外ではなく昨年上半期は好成績を残すことが出来ましたが下半期は貨物量の減少で上半期の貯金を食い潰す結果となってしまいました。

新年度を迎えた4月・5月と景気の悪さに歯止めが効かない現状になす術もなく月日が経過しているのです。この6月より私が営業担当として外を歩き営業活動する事に決めました。社内で一番時間を有効に使えるのは私なので率先して動くことが重要だと思っております。ところが、現実は動けていない実態に言葉も有りません。航空貨物一辺倒な業務を一般貨物に目を向け、不景気な状況でも安定した貨物の確保に乗り出したいと考えます。

そんなさなか帝国データーバンクの景気動向調査2016年5月が公表され全国の景気DI(景気動向指数)を見ると2008年のリーマン・ショックから徐々に上がり第二次安倍内閣発足後のアベノミクス効果に沸いたが、消費税率8%引き上げ後は下降し続けている。

今後の国内景気は向う1年間の予測では生産・消費の快復に向けた好材料も乏しく弱含み(相場が多少とも下がる傾向を示している)で推移するとみられる。ふんどしを締めなおして対処していかないと経営危機を乗り越えられない可能性が秘めています。

20160606_141607  20160606_141540

6/3私に新たな講演依頼が!

2016-06-06

私にとって最初で最後となるだろうビッグな話しが、一昨年10月に福岡県で開催された「全日本トラック運送全国事業者大会」でパネリストとして700~800名のトラック事業者様に弊社の安全への取り組みを紹介させて頂きました。人前で話すことが苦手な私にとって生き地獄とも言える場でも有りましたが、良い経験をさせて頂き私の財産になっております。

20141009_143514  20141009_141152

この4月にISO39001認証登録出来た事により弊社の安全が更に高揚しつつある中、9月に茨城県で開催予定の安全大会に某組織団体よりパネリストとして登壇依頼がございました。今回も快く承諾させて頂いております。

6/3に某情報機器メーカーの販売促進担当者が来社され、メーカーが初めて単独で主催する「経営者様向け 物流事業者様向け」セミナーが10月に東京と大阪で開催され、弊社の安全への取り組みを講演して頂きたいと申し出がございました。こちらも快く承諾させて頂きました。

会話の中で私の「社長ブログ」を楽しみにされている人が居るとお聞きし、出来るだけ頑張ってみようと思っております。

6/2セミナー参加

2016-06-06

都内で開催された物流セミナーに参加して参りました。今の運送業界を象徴する悩みや問題『運送会社の人手不足・求人対策 ドライバーの給与制度改革 労務トラブル対策について』 この手の問題に詳しいコヤマ経営小山社長のセミナーです。前職の大手損害保険会社在職時に何度か拝聴したことがありましたが、 全国を自ら回り3.000社を超える経営相談が物語る興味津々な話しに引き込まれます。

ドライバー不足が深刻化する中で求職者の方に安心して就労して頂くには、会社のPRをしっかりと伝えることが大事です。とは言え重労働で危険と隣り合わせの職種ですので、一筋縄でいかないのがドライバーの仕事だと思います。

未経験者や女性ドライバーを積極採用する上では安心をどう植えつけることが出来るかがポイントとなります。

求人募集で問い合わせのあった人や検討中の人に当社のホームページにアクセスしてもらい、そこで会社の安心感を引き出すことが出来ると応募が増えると思います。ですがドライバー職は待遇面でお給料のウェートが非常に高く、コンプライアンス遵守しつつ賃金を支払う苦悩があります。せめて適正料金の収受が望めるならば好待遇につながり、ドライバー職への転職が増え、ドライバー不足から解消される事を願いたいものです。

 

6/1 異業種経営者によるゴルフコンペ参加!

2016-06-06

上半期の最終月6月を迎え今月で1年の半分が終わってしまいます。昨年秋からの景気後退で今ひとつしっくりとしない上半期です。5月末に同業社長より6月1日に異業種の経営者(社長)によるコンペに欠員が出たので参加しませんかとお誘いを受けました。今まで異業種の経営者の皆さんと交流する機会がほとんど有りませんので、新たなビジネス展開に期待をして参加しました。ゴルフの共通の趣味や話題をきっかけに人脈構築を図り、参加者名簿を頂きましたので営業展開に繋げて行きたいです

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.