8月, 2016年

大学生の密着取材 8/26

2016-08-29

大学4年生の息子より当社の業務について取材をしたいと申し出がありました。断る理由も無く少し興味を持ってくれたのかなと思いきや卒業論文の一環としてビデオにまとめたいとのことでした。どのような内容を考えているのかは詳しく聞かずでしたが、私が自宅を出る様子からカメラを回し始め、一緒に車庫まで行く事にしました。車庫では対面点呼と日常点検の様子をカメラに収めておりました。その後事務所で事務員さんの業務、午後より成田空港を案内、この日は安全会議があり朝の5時30分~夜の10時までの長丁場を体験させました。

大学を卒業後は一般企業に就職予定ですが、いずれかは親父の背を追いかけ、息子が本心から願うならば事業継承して行きたいなと素直に思います。だが試練の壁が行く手をふさぎ、努力と根性が不可欠な訳であって、今後の自分磨きに精進してもらいたいと思います。

20160826_062610 20160826_063725

20160826_202042 20160826_201910

 

有意義な2日間 8/23~24

2016-08-29

大型で非常に強い台風10号が関東から東北に上陸する恐れがあります。先日の台風9号は11年ぶりに関東に上陸し、河川の氾濫や道路冠水の被害が生じました。ここ成田市では野毛平工業団地入り口に太い幹の木が強風に根こそぎ持っていかれ倒れ掛かってしまいました。その影響で電線が切れその一帯が一晩中停電となり、弊社車庫ではロウソクの灯りで点呼を実施しました。台風11号の勢力が弱まり甚大な被害が発生しないことを願います。

台風9号の最中、グランドプリンスホテル新高輪 国際パミールで船井総合研究所主催『第90回記念 経営戦略セミナー 研究会全国大会』(8/22~24)が開催されました。私は8/23・8/24の2日間参加し学びを得てきました。船井総合研究所にはあらゆるジャンルの研究会が数多くあり、志し高い経営者が学び時には教え情報を共有する同志4.800人位が全国より集結しました。

8/23の特別講演では2人のゲストをお迎えし、先にカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 代表取締役社長兼CEO増田 宗昭氏です。誰ですか?の反応が予測されますが、このお方は蔦谷書店「TSUTAYA]の創業者でTカード(ポイントカード)はお馴染みのものになっていると思います。世界一の企画会社を目指しライフスタイルに革命を起こすような仕組み、生活を新しくするインフラやプラットフォームを提案する会社です。ピンと来ないと思いますが、Tカードに象徴されるポイント付与はTSUTAYAのみならず全国60.000店舗以上の加盟店でポイントが貯まる優れものですよね。Tカードと提携する事で集客が増大した店舗がたくさんあります。

次にユニバーサル・スタジオ・ジャパンを見事にV字回復させた立役者で株式会社ユー・エス・ジェイ CMO執行役員マーケティング本部長 森岡 毅氏です。大阪にあるUSJは東京ディズニーランド・ディズニーシーと並んで人気のテーマパークであったはずが、次第に客足が減少し経営が悪化していった。その背景には、かつて、USJの株主が大阪市(第三セクター)であった事も否めません。 そう言えばUSJ森岡氏のV字回復の様子をTV(カンブリア宮殿)で視聴したことがあり、TVと重ね合わせながら聴いておりましたがユニークなお方なんです。復活劇の裏には「マーケティング力」「仕組みを作る」「斬新なアイデア」が活かされているように感じました。

恒例のGREAT COMPANY AWARO2016のグレートカンパニー大賞には北海道の企業が選ばれ、私の学ぶ研究会からは、「働く社員が誇りを感じる会社賞」に株式会社ベストライン辰己社長の会社がノミネートされました。破竹の勢いで成長し続けている若き経営者です。その後の全体懇親会でお腹を満足させ家路につきました。

2日目は北海道の帯広市に本社を置く十勝バス株式会社野村社長の講演です。「お客様密着!で、地域に貢献する十勝バスの取組み」~40年ぶりの利用者増加の実例~ 北海道の広大な台地を想像するだけで厳しい現実が頭に浮かんできます。帯広市のあるエリアは十勝平野として知られ大規模な農園が広がっております。十勝支庁の面積は日本の都道府県順位で7番の岐阜県とほぼ同じ広さで354千人の人口です。創業は大正5年の老舗バス会社であるものの過疎化やマイカーブームに加え少子高齢化の問題等で年々利用者数が減少の一途だったとの事です。経営危機に陥った十勝バスに入社した野村社長(創業家の長男)は社長(父親)に十勝バスの経営を任せて欲しいと切り出したのです。その後父親が他界するまでの間、経営には口出しをしなかったとのことです。がむしゃらに頑張るも空回りする一面や社員の理解が得られない局面を打開して見事に奇跡の復活を遂げられました。

ここにもアイデアが存在し固定観念をくつがえす逆の発想が功を奏したともいえると思います。 同じ経営者として学ぶことが多かった講演でした。

最後に、もっとマメに「社長ブログ」を投稿したいと思うのですが、時間にかまけておろさかになってしまっております。今回手短にしたつもりが長々となってしまいましたが、次回からは短めにする事で時間を作り投稿を増やしたいと思います。

20160829_100602  20160823_091026

最近感じること!

2016-08-12

残暑お見舞い申し上げます。今年の夏は予想に反し暑くなる日が少なく、どちらかと言うと涼しいのではないでしょうか?個人的には夏は暑くギンギンな日差しが照り付けていた方が好きです。

今年は不景気感が漂い今ひとつ元気に掛ける日本経済です。そのあおりは貨物量にも如実に表れ昨年対比で2~3割程度落ち込んでおります。底上げを計る上で営業面の強化が必須であるがタイミングもあり一筋縄では行かないのが世の常なのでしょう。

最も頭を悩ます問題は「深刻なドライバー不足」かつてはドライバー募集を新聞折込に出すと応募者が殺到した時代がありました。(どの人を採用するか悩んだものでした)今では「電話すら鳴らないよ」と言った声を多く聞きます。弊社でもドライバーの求人募集をハローワーク・新聞折込・フリーペーパー・インターネットで募りますが採用、雇用に至るまでは厳しいのが現実です。

初心者歓迎なのですが、電話問い合わせでトラックドライバーの仕事内容(勤務時間・休日・デジタコ&ドライブレコーダー・業務内容など)を話すと「労働時間が長い、週休2日がいい、夜間勤務はいや」など面接までたどり着くことができません。 面接の予定を入れても無断で面接に来ない人も多いです。(電話の1本は常識です!)

求職者22歳と23歳の青年より問い合わせが有ったのですが新普通免許のみで当社の2トン車にすら乗務が出来ないのでお断りせざるを得なかったことは残念で仕方有りません。今さら新普通免許制度を棚に上げても意味有りませんが、せっかくの若い芽を育ててあげることが出来ないもどかしさを肌で感じました。

来年より、「準中型免許」が施行され車輌総重量3.5トン以上7.5トン未満のトラックが18歳でも取得が可能になります。新普通免許(車輌総重量5トン未満)の人は運転免許試験場で限定解除審査に合格するか指定自動車教習所で技能講習、審査に合格すれば7.5トン未満のトラックが運転できます。これにより若い世代の人材がトラック業界に魅力を感じ働ける環境が整備される事を願うものです。

人がいないからと採用(人選)の妥協はしたく有りません。当社の培ってきた社風やバランスを考慮し「ヤル気のある人・トラックが好きな人・真面目な人・ポジティブな人」を積極採用します。

安全ミーティング開催 2016年7月度

2016-08-03

7月は2度目の安全ミーティングです。1回目は7月2日に車庫で初めて実施。少人数で凄くドライバーに好評でした。 日頃聞き手のドライバーからも意見が多く出ました。 2回目は7月29日 (金曜日)本社で運行中の4名を省きまして18名と管理者で安全ミーティング。 開始はリーダーの挨拶から!

P1020287

1番目 不在である代表のお言葉を、わたくし加藤が代務で伝達。

P1020288P1020289

2番目 小さなことも含めて2件の事故を当人から再度報告。 事故報告書とネットでグーグルマップ及びドライブレコーダーの映像を交えながら報告してもらいました。その後、他のドライバーから質問や意見、アドバイスをもらい管理職から注意喚起!

P1020292P1020293

3番目 『指導・監督の指針』 の8項目 危険の予測及び回避、9項目目 運転者の運転適性に応じた安全運転を教育。

P1020296P1020297

4番目 ヒヤリ・ハット活動のシェア。

この活動は、ISO39001でインシデント収集しているヒヤリ・ハットをグループ分けしてディスカッション! 情報を上げた当人が当たらないようにグループを考え座席表を作りました。 珍しい!?人が前の席です。

この時のライブ配信は→こちら

P1020304P1020298

P1020299P1020300

P1020301P1020302

5番目 出庫時に計測! 血圧計の使い方。

8月1日より車庫に血圧計を設置するため、ドライバーの皆さんに説明と記録する業務日報兼日常点検表の場所を説明。

6番目 管理者 鈴木センター長から

配車や運行、お盆休みなどを伝達。

P1020306

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

大型・4トンドライバーの求人募集中!

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

お荷物担当:加藤まで

 

嬉しかった!8/2

2016-08-03

福岡出張から戻り会社に出勤しました。数日不在にすると私のデスクには関係書類・郵便物などがたくさん置かれている事があります。すると、手提げ袋が置かれていたので覗いてみると7月末で退職した事務員さんからの贈り物でした。一緒にメッセージカードが添えられ、嬉しくなるメッセージが書かれておりました。

退職日に私が出張で不在するので前もってプレゼントを渡し、事務員さん3人で協力してオムツケーキのプレゼントを計画していたので一緒に渡すことが出来ました。惜しまれ退職されていく彼女にエールを送ります。『元気で丈夫な赤ちゃんを産んでくださいね』そして落ち着いたら赤ちゃんを抱っこさせて欲しいな!

20160726_164725

20160802_094214

同業者の創立20周年式典 7/31

2016-08-03

7/31(日)福岡市のホテルで同業の福岡ロジテック株式会社(永山社長)創立20周年『感謝の集い』にご招待を受けお祝いに駆けつけました。永山社長には福岡出張した際に大変お世話になったり、今年3月の繁忙期にトラックが見つからない時に手配して頂いておりました。

今回あえて福岡まで行く理由のひとつに弊社が平成30年に創立20周年を迎えます。私の中では再来年の20周年には社員、関係取引会社、お客様を招いて、ささやかでも感謝を込めた式典を執り行いたいと考えておりました。永山社長には大変恐縮なのですが、弊社20周年式典のイメージ創りのサンプル(お手本)にさせて頂こうと思いました。

第1部 経営計画発表会 (経営理念・決算の推移・今期社長の決意・今期の重点方針・数値目標・中期計画)

第2部 20年のあゆみ (20年の思い出写真スライドショー・創立時からの永年勤続表彰・同業仲間っへの感謝の言葉と花束贈呈・協力会社表彰)

第3部 感謝の集い (来賓挨拶・ビデオメッセージ・ミニライブ・ビンゴゲーム・万歳三唱)

私たちは2部からの参加でしたが、創業当時の苦労話しは語るも涙、聞くも涙の連続で当時の従業員の光景が眼に浮かび、それらに立ち向かった社長の苦悩の日々であった事でしょう。永山社長のモットーに『親切が先、商いは後』があり、その成果が如実に功を奏し今では信頼ある企業に成長されております。お祝いに駆けつけた同業仲間とも楽しい交流が出来ました。

再来年の弊社創業20周年に向けて準備を進めて行きたいと思います。今後も弊社にご愛顧賜れるよう精進して参ります。

20160731_161113  20160731_145950

20160731_15120920160731_160318

 

 

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.