12月, 2016年

2016仕事納め!納会! 16/12/29

2016-12-30

昨日は仕事納めとさせて頂き、配送のないドライバースタッフは本社営業所とモータープールの大掃除をお願いしました。夕方から全社員が集まり納会で2016年を締めくくります。納会では1年間の振り返りとしてスライドを見て頂きます。

2016年は1月2日より初荷の積込みが大型車18台分有り、てんやわんやな新年の幕開けでした。ここ数年来の当社の機動力からすればクライアントのニーズにお応えするのは自然な流れで対応させて頂きました。初荷の1/3に、もらい事故があり大型車のフロントパネルが破損するアクシデントを新年早々に見舞われてしまいました。当社で始めてとなる新年会をホテルで開催できたことは感無量の喜びがありました。

1月~3月はISO39001認証に向けハードルを上げスタッフが頑張ってくれました。3月には成田空港~福岡空港へのOLT貨物が大型車のべ台数として130台分くらいあったでしょうか、この時は私も加わりあちらこちらに連絡を取りトラックを確保、なんとかこなすことができ安堵出来ました。

3月にはフォークリフト講習会開催 社内報(夢運)の発行がありました。

4月にはISO39001認証登録が出き7ケ月間奮闘してきた成果が実り嬉しかったです。

7月には東京都貨物評価制度に初トライで見事★★★(3星)の評価を頂き会社の励みになりました。

9月には千葉県トラック協会を代表して関東トラック事業者大会で『安全の取り組み』を発表させて頂き経験を積みました。退職金制度導入で雇用の安定を計る。

10月には新型ギガのフルラッピング車を2台導入や第3回安全推進大会開催、デジタコメーカーの依頼で東京・大阪で事例発表をさせて頂きました。

11月には弊社クラインの安全会議の席でも安全活動を発表致しました。弊社が取組んできた安全への追求が形となり第三者の目に認知された結果だと思います。

ここまでの内容を読むと順風満帆に思われますが最大の汚点と言うべきか、大型ドライバー3名の離職を招いてしまったことが不甲斐なく反省すべき点です。この1年間従業員満足度(ES)の向上に私なりに努力しましたが形として具現化できなかった事が私の一番の反省点です。2017年は細かな配慮を忘れず従業員(社員)の頑張りに、しっかりと応えていくことを重点に取組みます。

今年もアワードとして無事故表彰(1年間・3年以上・5年以上)では奥様の喜ぶコシヒカリ(お米)のプレゼント!5年以上には商品券も付けちゃいます。12年間無事故という優秀なドライバーもいます。

今回から初となるデジタルタコメーターの解析データーから年間安全運手表彰(規定速度内走行・急の付く行為・長時間運転など)50点満点中の49点台は素晴らしい事です。年間経済運転(アイドリング)表彰では真冬、真夏でもアイドリングしない強靭な身体を持つ人がおり、なんと0分とは驚かされました。これからも体調管理に十分注意して下さい。

これらの良い行いは見習い努力をして参りましょう。

1年間お世話になりありがとうございました。

CIMG8858  CIMG8860 

CIMG8870 CIMG8861

CIMG8865 CIMG8866

CIMG8867 CIMG8868

CIMG8872 CIMG8874

CIMG8875 CIMG8878

CIMG8856 CIMG8879

交通遺児へ

2016-12-27

今年で3回目のお届けとなりました、交通遺児への寄付。   10月29日に開催致しました第三回安全推進大会や、本社へ来訪して頂いたご協力会社様からの温かいお心付けを感謝申し上げます。

お預かり致しました募金を弊社代表の沢田が今年も千葉日報福祉事業団へお届け致しました。

20161227152319387_0001

今回は現金 5万3794円を寄付する事ができました。この活動は3度目でございますが、これからも継続し社会福祉に繋がる活動の一環として続けていきたいと考えております。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

大型・4トン・2トンドライバーの求人募集中!

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

お荷物担当:加藤まで

あっという間に師走!

2016-12-03

『師走』旧暦に12月を指す言葉で、いくつかの説があるようです。「師が走る」 師=御師(お寺や神社などへの参拝者を案内や参拝する人)大晦日や初詣などで御師が一番忙しい時期という意味。師=お坊さん 年末になるとお坊さんが家に来てお経をあげる習慣が日本にある。 師=先生 学校の先生が12月は忙しく走り回る月だという。 師走12月は1年の集大成であり、やることが多く時間に追われてしまうせわしいひと月となりますね。

さて、昨日損保会社主催のトラック事業者を対象としたセミナーが開催され参加して参りました。『昨今の重大事故に学ぶ~行政監査の実態~』 興味津々とするテーマに迷う事も無く申し込みました。やはり関心度が高く参加者多く見受けられました。

1. 重大事故で問題となる5つの不満足とは? 1)乗務基準(時間関係) 2)健康管理 3)点呼 4)車輌点検(日常・3ヶ月)5)安全教育

2. 行政処分の重さの違いをもたらす正体! 1)1ケ月の拘束労働時間 2)1日の拘束労働時間 3)1日の休息期間 4)1日の運転時間 5)1週間の運転時間 6)長時間運転

3. 致命傷の違反を知る! 1)過労運転 2)運行管理者の下命

4.マスコミが取り上げる法令違反とは? 1)健康関連 2)損害賠償裁判

5.要注意ドライバーの監督指導が重要になる! 1)中高年ドライバー(心臓)、(脳)の対策 2)若年ドライバー(精神疾患)

興味深い話として重大事故を起因した当事者(ドライバー)のフェイスブックやツイッターでの情報発信が証拠になりうる。ドライバーの健康管理は適切なのか? 労働時間は適切なのか? 点呼は適切だったか? 安全教育は適切なのか? 点検整備は適切なのか? 高脂血症・中性脂肪は要注意!

本日健康診断の結果が病院より届いたので適切な指導と働きかけをしてまいります。

ニュースで『長時間労働の是正などを求め、連合が厚労相に要請書提出』長時間労働の是正や非正規で働く人の処遇の改善を求める。要望書では、労働時間に上限を求める事や、長時間労働の是正のほか、「同一労働同一賃金」の実現などを求める。

連合事務局長は「現行の36協定を超えて働かせた場合の罰則をもっと強化しないといけない」と言及している。

運送・物流業界は典型的な労働集約型産業に位置付けされ長時間労働の影響を受けやすい環境にあります。日本人の美徳とされた「勤労」が長時間労働になると悪のイメージが高まりつつありますね。時代の流れと受け止め、労働環境の改善に努めていかないとならない時代です。

20161202_135212  Point Blur_20161203_084603

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.