6月, 2017年

健康経営セミナーに参加 17/6/14

2017-06-15

関東地方梅雨入りしてから1週間が経ちましたが、梅雨を感じさせる雨が降らず、から梅雨で明けてしまうのでしょうか?おそらく7月に入ると雨の日が多くなると思います。

運送事業者を取り巻く環境は決して良いとは言えません。深刻化する人材難がトラックドライバーにも大きく影響してきております。

規制の強化、コンプライアンス遵守の観点からは法令を守り健全経営が望ましいと思うのは誰もが一緒の考えだと思います。

降ってくる災難もあり、先日東名高速道を走行していた観光バスに反対車線を走行していた車が制御不能と成り、中央分離帯を乗り越え対向するバスのフロントガラスを目掛けて車が宙を飛んできた事故が起きました。

この報道を知った時、軽井沢スキーバス事故が思い起こされ、世間を震撼させる重大事故が起きてしまい、バス業界へ更なるテコ入れが厳しくなるだろうなと思いました。今回の事故はバス側の非(責任)は無く、業界関係者は胸を撫で下ろした事でしょう。

最近のトラックやバスには、デジタルタコメーター(運行管理)ドライブレコーダー(映像)が装備され安全度が高まってきております。TVニュースで車が宙を飛びバスに飛び込んでくる映像が映し出されましたが、この事故がドライバーの居眠りや意識消失による事故だったらバッシングは免れませんでした。

この度、損害保険会社主催の運送事業・経営者向け健康経営セミナーの案内を頂き参加して参りました。

「居眠り事故」は他人事ではありません!トラック運転者の3人に2人が眠気による危険を感じたことがあり、その7割は実際に居眠りをした経験があると報告されています。居眠りよる交通事故を起こした場合、他の事故に比べ約5倍も死亡事故に繋がりやすくなっています。こうした事故を防ぎ会社・従業員を守るため、居眠り運転を防止する取り組みが求められます。

『運送業は、居眠りにつながりやすい環境』

プログラムⅠ 指導・監督指針改正のポイント Ⅱ 居眠り運転防止のシフトとマネジメント 1.居眠り運転の危険性 2.人はなぜ眠くなるのか 3.居眠り運転を防ぐ3箇条 4.居眠り運転を防ぐ指導のポイント

居眠り運転は寝不足や疲れ、疾病、精神不安定などの要因が考えられますが、トラックドライバーは時間に負われ長時間勤務を強いられることが多いのに加え、1人乗務するので居眠り運転をしても声を発してくれる人がおりません。

弊社ドライバーには「眠気を覚えたら安全な場所に停車して、休憩・仮眠を取りなさい」と指導しております。しかし、時間に余裕が無かったり高速道路上だと眠気を我慢して走ってしまうのがトラックドライバーの辛い現実です。

講師の方より居眠り運転を防ぐ3箇条として「乗務終了から開始までに少なくとも10時間あけて、業務外での休息時間を長くする」「日中業務のときは、勤務開始は午前6時以降にする」「シフト変更は5日のうち3日まで、変更する場合は開始時間を後ろにずらす」

現実的に厳しい3箇条を挙げておられましたが、今の運送事業者の体制ではクリアすることが困難ではないでしょうか。ならばドライバーの自己防衛と管理側ではドライバーの健康管理を第一に考え、改善基準告示に従い心身にゆとりのある配車セッティングが求められます。

20170614_134935 20170614_145722

 

弊社の取り組みを発表!

2017-06-09

関東地方では6月7日に梅雨入り致しました。昨年より2日遅いのですが梅雨入りしたな!と感じないのは私だけでしょうか?少しパラつくような雨は所々降りましたが、週間天気予報を見る限り雨マークが有りません。

6月8日、東京都中央区日本橋人形町に弊社の加藤と久々に出かけてきました。この度、国際物流総合研究所様で開催されている物流業若手経営者向け「物流経営塾第11期12回」で弊社の取り組みについて発表させて頂きました。

国際物流総合研究所 代表主席研究員 岩崎先生より「物流経営者・幹部の進むべき道筋」について講義が行なわれ、その後の2時間を頂戴して発表させて頂き、当初は時間が長いなと感じていましたが、終わってみるとアット言う間に時間が過ぎていきました。

我々の業界に限った事では有りませんが、人手(ドライバー)不足は深刻な悩みであり経営を圧迫する要因になりかねません。

この様な現状を打破すべく取組んでいる弊社の人材育成と安全教育の内容を聞いて頂きました。

創業社長の苦労話から始まり社歴を積むに重ねどう進化したのか。創業当時からしばらくの間は、労働環境が著しく悪く長時間労働は当たり前の毎日、福利厚生も完備されない会社でした。今で言うブラック企業だった弊社が運輸支局監査を受けたことがターニングポイントとなり、労働環境の改善やコンプライアンス遵守に取組んだ葛藤がありました。

受講されている企業様は弊社よりはるかに規模が大きい会社ばかりですので、少し刺激を感じて頂けたのではないでしょうか。

加藤より運行管理とお客様の心を鷲掴みする取り組みについて発表させて頂きました。

今回の発表で私自身再認識と再確認する時間となりました。

20170608_150649 20170608_151119

20170608_160401 20170608_164431

20170608_164850 20170608_170719

省エネ&日常点検講習会 29.6.3

2017-06-05

本日は「ゴミゼロ運動」「交通事故防止講習会」に続いて最後のプログラムは、千葉日野自動車㈱整備部 技術課様の協力を得て講習会を開催しました。

20170603_101708

日野自動車様には一昨年にISO39001認証登録の一環として日常点検講習会を開催して頂いた経緯がございます。

ここ最近に入社したドライバーは受講しておりません、また対面点呼時に日常点検の様子を見ておりますと、一部の限られたドライバーの点検があまり宜しくない様に感じてしまうことがあります。

日常点検の大切さを再認識して頂き、身を預けるトラックの異常信号や変化には敏感にならなくてはなりません。

ホイルボルトの緩みは手をボルトに添え点検ハンマーで強めにたたき、手に感じる響き(違和感)と音の違いで確認します。ひとりのドライバーより締まった状態と緩まった状態での実証をしたいとリクエストが有りました。緩みがわずかだと感じ取ることが出来ませんでしたが、緩み幅が大きくなると打感の違いが明らかに感じられます。

座学と実車を用いての講習で改めて日常点検の大切さを感じていただけたと思います。運行前の慌ただしい時間の中で実施する事は面倒であり嫌と感じるかも知れませんが、しっかりと点検を実施して下さい。

省エネ講習会では、何故省エネ運転が求められるのか?省エネ運転はドライバーからすると、おっくうなものだと思います。スタート時の「ふんわりアクセル」「早めのシフトアップ」「先読み運転」「エンジンブレーキ活用」「波動運転防止」「無駄なアイドリング」などなど工夫ひとつで燃費性能は高まります。

一昔前と違ってドライバーに求められる輸送以外の要求事項が増すばかりですが、時代背景とコンプライアンスの遵守が更に求められますので、宜しくお願いします。

最後となりましたが千葉日野自動車様のご対応に感謝を申し上げ日野車をご愛顧していきたいと思います。

そのうち「社長こいつに乗せてくれ!」と申し出てくるドライバーがおりましたら発注かけさせて頂きます。

ドライバーの皆さん長丁場の1日でしたが、ありがとうございました。

20170603_150542 20170603_154610

20170603_163532 20170603_165336

20170603_165148 20170603_164942

20170603_164059 20170603_170745

事故防止安全講習会 29.6.3

2017-06-05

少し余裕のない状況下でしたが、関東交通共済協同組合様より専任講師を派遣して頂き、「事故防止安全講習会」を開催致しました。実に保険会社(共済も含む)による講習会は4年ぶりとなります。4年前と今回も全日本トラック協会が実施機関である「安全性優良事業所(Gマーク)」の更新年に合わせての開催となりました。

交通共済様より派遣された別部先生は元警視庁の警察官で警察署長や科学警察研究所研究官の経験を生かした講習には定評があると聞いております。(4年前も別部先生でした)

20170603_101636

「トラック関与の交通事故防止」と題して!

○最近の事業用貨物自動車の交通事故と検証 ○トラック運送事業の目的 ○プロドライバーの心構えと習得事項 ○平成28年全国の交通死亡事故 ○平成28年全国の交通事故発生 ○平成28年 都・県別の交通事故発生状況 ○平成28年の交通死亡事故の特徴○平成28年 事業用貨物自動車関与の死亡事故の実態 ○カメラが捉えた交通事故の実態 ○トラック関与の交通事故防止のために ○追突防止のために ○構内事故防止のために ○バックの安全確認 ○バックアイカメラの信頼度 ○数字で見る交通の状況 ○運転免許証を大切にする方策 ○交通事故発生時の措置 ○交通事故に関する刑事責任の推移 ○安全輸送のポイントについて講習頂きました。

交通事故は誰しも起こそうと思って起こすものでは有りません。しかし現実は日本全国で交通事故が毎日起きているのです。ここ数年ドライブレコーダーの普及や車の安全装置が充実したことにより重大事故や死亡事故は減少しております。ですが、ハンドルを握るドライバーの安全に対する意識が希薄ですと交通事故は起こるべくして起こると言えます。今一度、安全の再確認と交通法規を遵守した交通事故の撲滅に向けた環境を整えましょう。

                                       

20170603_130817 20170603_130848

20170603_13462920170603_134634

ゴミゼロ運動!ポイ捨て禁止!29.6.3

2017-06-05

そろそろ関東地方でも梅雨入りが間近となった6月3日(土)天気に恵まれたなか、弊社恒例の[ゴミゼロ運動]が開催されました。

3年前より5月30日の語呂合わせ(ゴミゼロ)で5月30日に近い土曜日にドライバーさんを中心に奉仕活動を続けております。過去2回は弊社のモータープールに隣接する国道51号線のゴミ拾いをしました。

今回は、本社営業所近隣の市道や住宅地を拾い集めました。草刈をしていた近所の女性(おばちゃん)に「こんにちは」と声をかけるドライバー、すると数人のドライバーも挨拶をする光景は微笑ましく感じられました。

ざっと1時間程度の奉仕活動でしたが、ドライバーさん達の様子を伺っていると、やらされ感でイヤイヤな感じで参加している姿が見受けられず良かったなと思います。

日頃より公共の道路を使用することで商いが成り立つ運送業ですので、道路に感謝の念を持ちポイ捨てはやめましょうね。

20170603_110452                      20170603_110627

20170603_111027 20170603_111914

20170603_112953 20170603_113531

20170603_112357 20170603_114552

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.