トラック試乗 7/22

2015-07-24

梅雨が明け暑い毎日となり、トラックドライバーの職務にはきつい時期です。

ここ数年来トラックメーカーでは環境とエコに配慮したエンジンやトランスミッションの開発が進んでおります。

弊社が所有する大型トラックは4メーカーありますが、最近の導入ではUDトラックスと日野自動車がメインとなっております。

この度、UDトラックスが上尾工場テストコース内に建設された『新UDエクスペリエンスセンター』のお披露目&試乗会に招かれました。

試乗体験・座学セミナー・UDトラックスの歴史・開発などを体感する施設と表現させて頂きます。

UDトラックスの大型車に搭載されているエスコットⅤ(12速電子制御式トランスミッション)に試乗してみました。

1周目走行 ESCOTロール(惰性走行距離を伸ばし、燃料を節約)2周目走行 オートシフトダウン(シフトダウンによるエンジンブレーキの活用)

クラッチ操作・シフト操作の必要性がなく、電子制御で自動変速していく(オートマ車をイメージして下さい)ので運転に集中できる利点と運転の悪い癖が出にくいように感じました。

省エネ運転で大事なことは、発進加速時にアクセルを踏み過ぎないよう、ゆっくりと加速する。無駄なブレーキを踏まない惰力の活用(アクセルワークがキーポイント)

管理者が試乗する事で機能の良さが体感でき、更なる省エネ運転に取り組みたいと思います。

20150722_114428  20150722_115644

20150722_133205 20150722_132314

20150722_145152 20150722_145257

20150722_135439 20150722_133617

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.