2015年7月度 全体ミーティング開催

2015-08-10

アップが遅くなってしまいましたが、先月末の7月31日の夕方より安全ミーティングを実施しました。

IMG_0263IMG_0264

今回はヒヤリ・ハットについての教育を実施。同月27日に千葉県トラック協会で「グリーンエコプロジェクト 第4回セミナー」に参加した際、「ヒヤリ・ハット」と「ドラレコ活用」の講話でしたので活用させていただきました。

先ずはヒヤリ・ハットには欠かせないハインリッヒの法則!ご存知の方が殆どではないでしょうか。これは運送業だけではなく医療や作業が付くことの現場ではこの法則が当てはめられますね。

1件の重大事故を無くすには29件の軽微な事故を減らす。 29件の軽微な事故を無くすには300件のヒヤリ・ハットを減らすのが鍵ですね! わかりやすい内容でもあり真剣に聞いてくれておりました。

IMG_0265

ドライバーが運行するには適正診断や初任運転の講習に参加します。初任運転講習では必ずKYTを実施しますので、ドライバーは全員理解しています。しかし定期的に教育を行い無意識で出来るようトレーニングしていきます。

IMG_0266IMG_0267

危険予知トレーニングとしてWebで活用できるものを見つかたので、こちらをKYTとしてプリントに予知した危険なところと自分ならどうするかの対応を記載してもらいました。記載後は弊社で起きたドラレコのイベント映像から学ぶKYTを実施致しました。 個々の予知のレベルでコメントも色々でしたが、全体的な底上げができたと実感しております。

ドライバー教育をしているとヒヤリ・ハットとは直接関係がない事でも、通ずるものがあるのではないかと最近になって考えるようになりました。

例えば・・・。

車両整備⇒通常の日常点検箇所以外で、何か小さな変化を気づかないとヒヤリ・ハット300件の1つにつながる。

ちょっとした出庫時間の遅れ。 いつもとちょっとした手順の変更。 そんな小さなことからヒヤリ・ハットへつながり軽微な事故に発展、ゆくゆくは重大事故へつながるのではないでしょうか。

最後は実際に成田市の弊社車庫事務所近くで起きた、乗用車とトラックの事故の映像を視聴しました。 他の運送事業者様の事故ですがドライバーが事の重大さに泣き崩れながら電話をかけている様子などが写っています。事故の現場も近い事もあり心に響く映像だったと感じます。

映像①⇒こちら

映像②⇒こちら

IMG_0269IMG_0270

IMG_0271

お盆期間中も事故リスクがグーンとあがります。一般車を運転する時でも気を緩めず安全運転に心がけ、交通事故撲滅を目指しましょう。

千葉県の貨物やお荷物は

株式会社ロジックスライン

夜間点呼者・ドライバー・フォークオペレーターの方なども求人募集中

千葉県成田市本三里塚1001-501

TEL:0476-35-6493

採用担当:代表取締役 沢田

担当:加藤まで

 

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.