今朝の「ハッと思うこと!」

2016-02-15

昨日は春一番が吹き、最大風速20M以上の強風により交通網に影響がでました。幸いにも日曜日であったので当社トラックの運行が無く胸を撫で下ろしました。過去には強風や突風でトラックが、いとも簡単に横転してしまう不可抗力とも云える事故がニュースとなっております。飛来物がトラックの視界を妨げたり損傷する危険があります。気象状況の変化とトラックの特性を認識して運転して下さい。

私は毎朝5時20分に自宅を出て6時に出社するのが日課となっております。その時間帯は、まだ真っ暗で対向車のヘッドライトの明かりが遠くからも確認できます。今朝自宅を出てしばらく走ると1台の4トン冷凍車に追いついたのです。その道は主要道路では有りますが片側1車線の道幅が狭い道路で、本音トラックが前に居ると、ため息をつく自分がいます。(ダメですね!)4トン冷凍車に追従して走り信号機のある交差点に差し掛かった時、歩行者用信号が点滅(トラックは先頭)しだしたのです。(歩行者用信号の点滅は歩行者の速度を1秒間に1メートルとして設定されております。道幅に応じ歩行者用の点滅は4~10秒)このケースでしたら皆さんはどうされますか?「アクセルを踏み込んでしまう」おそらく大半の方の意見かと思います。ですが、この4トン冷凍車は点滅と同時に減速をして赤信号で止まりました。どこの運送会社なのか看板が見えずに分かりませんでしたが、事故防衛に対する社員教育のしっかりした事業者なのだろうなと感じずにはいられませんでした。

国道296号線を走行中、今度は前方に横浜ナンバーの大型車が走っておりました。トラックの荷台(観音扉)には何ひとつステッカー(Gマーク・グリーン経営・デジタコなど)が貼られていない最近では珍しいトラックです。デジタコが装着されていないのかな?スピードが出ているな!次の瞬間ウィンカーを出さずにセンターラインを対向車側にはみ出したので、あれっ?大型トラックの前を走行していた乗用車が左折したので、右側からまくって追い越したのです。(乗用車でもよく見かける光景です)先ほど4トン冷凍車の安全走行を目にしていただけにマナーが悪いなと感じた、今朝の対照的なトラックの運転でした。

 

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.