あっという間に師走!

2016-12-03

『師走』旧暦に12月を指す言葉で、いくつかの説があるようです。「師が走る」 師=御師(お寺や神社などへの参拝者を案内や参拝する人)大晦日や初詣などで御師が一番忙しい時期という意味。師=お坊さん 年末になるとお坊さんが家に来てお経をあげる習慣が日本にある。 師=先生 学校の先生が12月は忙しく走り回る月だという。 師走12月は1年の集大成であり、やることが多く時間に追われてしまうせわしいひと月となりますね。

さて、昨日損保会社主催のトラック事業者を対象としたセミナーが開催され参加して参りました。『昨今の重大事故に学ぶ~行政監査の実態~』 興味津々とするテーマに迷う事も無く申し込みました。やはり関心度が高く参加者多く見受けられました。

1. 重大事故で問題となる5つの不満足とは? 1)乗務基準(時間関係) 2)健康管理 3)点呼 4)車輌点検(日常・3ヶ月)5)安全教育

2. 行政処分の重さの違いをもたらす正体! 1)1ケ月の拘束労働時間 2)1日の拘束労働時間 3)1日の休息期間 4)1日の運転時間 5)1週間の運転時間 6)長時間運転

3. 致命傷の違反を知る! 1)過労運転 2)運行管理者の下命

4.マスコミが取り上げる法令違反とは? 1)健康関連 2)損害賠償裁判

5.要注意ドライバーの監督指導が重要になる! 1)中高年ドライバー(心臓)、(脳)の対策 2)若年ドライバー(精神疾患)

興味深い話として重大事故を起因した当事者(ドライバー)のフェイスブックやツイッターでの情報発信が証拠になりうる。ドライバーの健康管理は適切なのか? 労働時間は適切なのか? 点呼は適切だったか? 安全教育は適切なのか? 点検整備は適切なのか? 高脂血症・中性脂肪は要注意!

本日健康診断の結果が病院より届いたので適切な指導と働きかけをしてまいります。

ニュースで『長時間労働の是正などを求め、連合が厚労相に要請書提出』長時間労働の是正や非正規で働く人の処遇の改善を求める。要望書では、労働時間に上限を求める事や、長時間労働の是正のほか、「同一労働同一賃金」の実現などを求める。

連合事務局長は「現行の36協定を超えて働かせた場合の罰則をもっと強化しないといけない」と言及している。

運送・物流業界は典型的な労働集約型産業に位置付けされ長時間労働の影響を受けやすい環境にあります。日本人の美徳とされた「勤労」が長時間労働になると悪のイメージが高まりつつありますね。時代の流れと受け止め、労働環境の改善に努めていかないとならない時代です。

20161202_135212  Point Blur_20161203_084603

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.