新卒採用の時代に!17/2/7

2017-02-08

先月のこと、成田市役所企画政策課より封書が届きました。そこには成田市が主催となりTVコマーシャルで名が知れている株式会社マイナビとのコラボレーション企画の案内でした。大きな見出しで『成田市中小企業若手人材確保支援事業 参加企業募集のご案内』とありました。

主旨的には、成田市では、若者(30歳未満)の採用に意欲をお持ちの成田市内の中小企業の人材採用を支援する「成田市中小企業若手人材確保支援事業」を実施します。つきましては本事業に参加希望する成田市内の中小企業を募集します。

『成田市中小企業若手人材確保支援事業とは』

(1)若者に選ばれた魅力ある職場づくりのための働き方改革セミナーを実施し、成田市内の中小企業に政府が進める働き方改革に関する主旨、概要、またそれに伴う社内の人事、労務制度などの情報を提供し、若者にとって魅力ある職場となるための足がかりとする。

(2)市内中小企業と若者の雇用マッチング会を実施し、若者と中小企業の出会いの場を創出することで、若者に市内中小企業を認知させ将来的な就労を促進し、市内の中小企業の人材確保を支援する事を目的とする。

第一部では「新卒採用活動の計画と採用活動の進め方について」第二部では「働き方改革セミナー~輝く女性・いきいきワクワク働くシニアの活用による、ダイバーシティの推進に向けて~」 このようなセミナーや3月に開催するマッチングイベントを行政が主導しながら行なうことを初めて知りました。

昨今では全産業において人材の確保が難しく特に第3次産業に分類される運輸業やサービス業の人材不足は深刻化しつつあります。運輸業を例に挙げればドライバーの成り手不足や高年齢化が進み今後の業界全体を揺るがす要因になる可能性を秘め、若いドライバーの確保は厳しいといえます。平成19年に施行された新普通免許制度によりトラックを運転できない危機的状況に陥り、更に若者の車離れに拍車がかかり20代のトラックドライバーはほんの一握りです。

運送業界(大手は除く)では新卒採用とは無縁ともいえる即戦力や未経験者を中途採用するのが慣例となっておりました。その即戦力や中途採用者の人材確保が厳しくなり数年前より我が業界でも新卒採用に踏み出した同業者が増えてきました。高校卒業後2年ないし3年は倉庫作業や配送助手などを経験した後に中型免許や大型免許を取得させドライバーデビューさせ一人前にさせる、時間と経費がかかる流れです。より良い人材確保と未来ある若者の雇用促進には新卒採用を積極的に取組む時代になって来たと思います。

セミナーの中でポイントと感じたのは『ダイバーシティ 多様性受容』1.少子高齢化による若者者採用の厳しさ 2.労働人口の減少 3.多様な価値観による企業価値創造 環境によりそれぞれの状況に合わせた働き方を活かし、生産性の向上を目指す。未経験者や女性を積極的に雇用しプロ集団が形成できるようにカリキュラムを組み丹念に育てていくことが人材不足の一助に繋がる事でしょう。

若者の働く意識とは! 1位 楽しい生活をするため 41.7%(過去最高 2000年頃より上がってきている) 2位 経済的に豊かにする 27.0%(上昇 学校へ奨学金で行った学生) 3位 自分の能力をためす 12.4%(下降) 4位 社会に貢献する 9.3%(下降)かつては社会貢献や自分の能力の向上がトップでありましたが働く意識の変化を見誤らないことが大切だなと感じたセミナーでした。

20170208_070931

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.