ハラハラ・ドキドキ 29/9/4

2017-09-05

ハラハラ・ドキドキ?? どうしたのでしょう?実はトラックを業務で運転しました。

トラックの回送や添乗指導で乗ることは数度ありましたが、業務で乗務するのは記憶に無いほど過去の昔のことになります。

あえて乗らないことにしているのも事実で、社長が交通事故を起こしたとなると社内だけではなく、他への影響も生じかねません。(県内の運送事業者社長がトラックで死亡事故を起こした事実があります)

今回は某大手旅行会社様より小生へ直接のご依頼なのでマネージメントからお見積もりまで担当致しました。

トラックの配車都合上、朝一よりトラック(常時ドライバー)を配車できない状況があり、そこで私の出番となります。

東京で身障者バトミントン大会が開催されるので海外より選手団が来日します。

4tトラックに成田空港第一ターミナルに到着する飛行機から降ろされた競技用車イスを会場へ輸送するご依頼です。

当日は車庫で点呼を受けアルコールチェック・日常点検を行い万全を期して出発するのですが、ひとつ困ったことがあるのです。

お恥ずかしい話しですが、デジタルタコメーターの操作方法が分からず、数日前にドライバさんに教えて頂いたのですが不安が募ります。

出庫前のドライバーさんが居たので再度教わり出庫しました。(ドライバーさんから「気をつけて!」と声を掛けてくれました)

先週の金曜日に開催された安全会議の席で、私はドライバー諸君を前に「連続無事故日が継続しているので気を引き締め安全運転に徹するよう」にと訓示したばかりです。

久しぶりに緊張の面持ちで運転をしましたが、速度超過や急の付く動作が起きずデジタコ点数100点で終える事ができ感慨無量です。

車庫から成田空港往復で走行距離が少ないので偉そうに言えるものでは有りません。

私が引き取った車イスを配送から戻ったトラックに移し私の任務は無事終了致しました

20170904_071554  20170904_071612

20170904_080547  20170904_095217

20170904_090443

選手は車イスごと移動します。

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.