東京都貨物
輸送評価制度

 

東京都輸送評価制度

東京都貨物輸送評価制度とは

東京都の自動車からのCO2削減を推進する取組みとして、貨物運送事業者のエコドライブ等の日常的な努力を実走行燃費で評価する「貨物輸送評価制度」を平成25年度から本格実施しています。評価の申請には、事業者が使用するすべての貨物車両(軽自動車含む)の1台毎の燃料供給量と燃料供給毎に記録した走行距離をもとに算出した実走行燃費の昨年度4月から3月までの1年分の燃費管理記録が必要。制度開始以降に蓄積した約96万件の燃費データを基に、全てのベンチマークを更新し、トラックの使用実態を踏まえ、評価対象を60区分、5段階評価となっております。

詳細はこちらをご覧ください>>

東京都貨物輸送評価で3年連続の星獲得

2016年度
星3つ

2017年度
星3つ

2018年度
星準3つ