Archive for the ‘社長ブログ’ Category

健康経営セミナーに参加 17/6/14

2017-06-15

関東地方梅雨入りしてから1週間が経ちましたが、梅雨を感じさせる雨が降らず、から梅雨で明けてしまうのでしょうか?おそらく7月に入ると雨の日が多くなると思います。

運送事業者を取り巻く環境は決して良いとは言えません。深刻化する人材難がトラックドライバーにも大きく影響してきております。

規制の強化、コンプライアンス遵守の観点からは法令を守り健全経営が望ましいと思うのは誰もが一緒の考えだと思います。

降ってくる災難もあり、先日東名高速道を走行していた観光バスに反対車線を走行していた車が制御不能と成り、中央分離帯を乗り越え対向するバスのフロントガラスを目掛けて車が宙を飛んできた事故が起きました。

この報道を知った時、軽井沢スキーバス事故が思い起こされ、世間を震撼させる重大事故が起きてしまい、バス業界へ更なるテコ入れが厳しくなるだろうなと思いました。今回の事故はバス側の非(責任)は無く、業界関係者は胸を撫で下ろした事でしょう。

最近のトラックやバスには、デジタルタコメーター(運行管理)ドライブレコーダー(映像)が装備され安全度が高まってきております。TVニュースで車が宙を飛びバスに飛び込んでくる映像が映し出されましたが、この事故がドライバーの居眠りや意識消失による事故だったらバッシングは免れませんでした。

この度、損害保険会社主催の運送事業・経営者向け健康経営セミナーの案内を頂き参加して参りました。

「居眠り事故」は他人事ではありません!トラック運転者の3人に2人が眠気による危険を感じたことがあり、その7割は実際に居眠りをした経験があると報告されています。居眠りよる交通事故を起こした場合、他の事故に比べ約5倍も死亡事故に繋がりやすくなっています。こうした事故を防ぎ会社・従業員を守るため、居眠り運転を防止する取り組みが求められます。

『運送業は、居眠りにつながりやすい環境』

プログラムⅠ 指導・監督指針改正のポイント Ⅱ 居眠り運転防止のシフトとマネジメント 1.居眠り運転の危険性 2.人はなぜ眠くなるのか 3.居眠り運転を防ぐ3箇条 4.居眠り運転を防ぐ指導のポイント

居眠り運転は寝不足や疲れ、疾病、精神不安定などの要因が考えられますが、トラックドライバーは時間に負われ長時間勤務を強いられることが多いのに加え、1人乗務するので居眠り運転をしても声を発してくれる人がおりません。

弊社ドライバーには「眠気を覚えたら安全な場所に停車して、休憩・仮眠を取りなさい」と指導しております。しかし、時間に余裕が無かったり高速道路上だと眠気を我慢して走ってしまうのがトラックドライバーの辛い現実です。

講師の方より居眠り運転を防ぐ3箇条として「乗務終了から開始までに少なくとも10時間あけて、業務外での休息時間を長くする」「日中業務のときは、勤務開始は午前6時以降にする」「シフト変更は5日のうち3日まで、変更する場合は開始時間を後ろにずらす」

現実的に厳しい3箇条を挙げておられましたが、今の運送事業者の体制ではクリアすることが困難ではないでしょうか。ならばドライバーの自己防衛と管理側ではドライバーの健康管理を第一に考え、改善基準告示に従い心身にゆとりのある配車セッティングが求められます。

20170614_134935 20170614_145722

 

弊社の取り組みを発表!

2017-06-09

関東地方では6月7日に梅雨入り致しました。昨年より2日遅いのですが梅雨入りしたな!と感じないのは私だけでしょうか?少しパラつくような雨は所々降りましたが、週間天気予報を見る限り雨マークが有りません。

6月8日、東京都中央区日本橋人形町に弊社の加藤と久々に出かけてきました。この度、国際物流総合研究所様で開催されている物流業若手経営者向け「物流経営塾第11期12回」で弊社の取り組みについて発表させて頂きました。

国際物流総合研究所 代表主席研究員 岩崎先生より「物流経営者・幹部の進むべき道筋」について講義が行なわれ、その後の2時間を頂戴して発表させて頂き、当初は時間が長いなと感じていましたが、終わってみるとアット言う間に時間が過ぎていきました。

我々の業界に限った事では有りませんが、人手(ドライバー)不足は深刻な悩みであり経営を圧迫する要因になりかねません。

この様な現状を打破すべく取組んでいる弊社の人材育成と安全教育の内容を聞いて頂きました。

創業社長の苦労話から始まり社歴を積むに重ねどう進化したのか。創業当時からしばらくの間は、労働環境が著しく悪く長時間労働は当たり前の毎日、福利厚生も完備されない会社でした。今で言うブラック企業だった弊社が運輸支局監査を受けたことがターニングポイントとなり、労働環境の改善やコンプライアンス遵守に取組んだ葛藤がありました。

受講されている企業様は弊社よりはるかに規模が大きい会社ばかりですので、少し刺激を感じて頂けたのではないでしょうか。

加藤より運行管理とお客様の心を鷲掴みする取り組みについて発表させて頂きました。

今回の発表で私自身再認識と再確認する時間となりました。

20170608_150649 20170608_151119

20170608_160401 20170608_164431

20170608_164850 20170608_170719

省エネ&日常点検講習会 29.6.3

2017-06-05

本日は「ゴミゼロ運動」「交通事故防止講習会」に続いて最後のプログラムは、千葉日野自動車㈱整備部 技術課様の協力を得て講習会を開催しました。

20170603_101708

日野自動車様には一昨年にISO39001認証登録の一環として日常点検講習会を開催して頂いた経緯がございます。

ここ最近に入社したドライバーは受講しておりません、また対面点呼時に日常点検の様子を見ておりますと、一部の限られたドライバーの点検があまり宜しくない様に感じてしまうことがあります。

日常点検の大切さを再認識して頂き、身を預けるトラックの異常信号や変化には敏感にならなくてはなりません。

ホイルボルトの緩みは手をボルトに添え点検ハンマーで強めにたたき、手に感じる響き(違和感)と音の違いで確認します。ひとりのドライバーより締まった状態と緩まった状態での実証をしたいとリクエストが有りました。緩みがわずかだと感じ取ることが出来ませんでしたが、緩み幅が大きくなると打感の違いが明らかに感じられます。

座学と実車を用いての講習で改めて日常点検の大切さを感じていただけたと思います。運行前の慌ただしい時間の中で実施する事は面倒であり嫌と感じるかも知れませんが、しっかりと点検を実施して下さい。

省エネ講習会では、何故省エネ運転が求められるのか?省エネ運転はドライバーからすると、おっくうなものだと思います。スタート時の「ふんわりアクセル」「早めのシフトアップ」「先読み運転」「エンジンブレーキ活用」「波動運転防止」「無駄なアイドリング」などなど工夫ひとつで燃費性能は高まります。

一昔前と違ってドライバーに求められる輸送以外の要求事項が増すばかりですが、時代背景とコンプライアンスの遵守が更に求められますので、宜しくお願いします。

最後となりましたが千葉日野自動車様のご対応に感謝を申し上げ日野車をご愛顧していきたいと思います。

そのうち「社長こいつに乗せてくれ!」と申し出てくるドライバーがおりましたら発注かけさせて頂きます。

ドライバーの皆さん長丁場の1日でしたが、ありがとうございました。

20170603_150542 20170603_154610

20170603_163532 20170603_165336

20170603_165148 20170603_164942

20170603_164059 20170603_170745

事故防止安全講習会 29.6.3

2017-06-05

少し余裕のない状況下でしたが、関東交通共済協同組合様より専任講師を派遣して頂き、「事故防止安全講習会」を開催致しました。実に保険会社(共済も含む)による講習会は4年ぶりとなります。4年前と今回も全日本トラック協会が実施機関である「安全性優良事業所(Gマーク)」の更新年に合わせての開催となりました。

交通共済様より派遣された別部先生は元警視庁の警察官で警察署長や科学警察研究所研究官の経験を生かした講習には定評があると聞いております。(4年前も別部先生でした)

20170603_101636

「トラック関与の交通事故防止」と題して!

○最近の事業用貨物自動車の交通事故と検証 ○トラック運送事業の目的 ○プロドライバーの心構えと習得事項 ○平成28年全国の交通死亡事故 ○平成28年全国の交通事故発生 ○平成28年 都・県別の交通事故発生状況 ○平成28年の交通死亡事故の特徴○平成28年 事業用貨物自動車関与の死亡事故の実態 ○カメラが捉えた交通事故の実態 ○トラック関与の交通事故防止のために ○追突防止のために ○構内事故防止のために ○バックの安全確認 ○バックアイカメラの信頼度 ○数字で見る交通の状況 ○運転免許証を大切にする方策 ○交通事故発生時の措置 ○交通事故に関する刑事責任の推移 ○安全輸送のポイントについて講習頂きました。

交通事故は誰しも起こそうと思って起こすものでは有りません。しかし現実は日本全国で交通事故が毎日起きているのです。ここ数年ドライブレコーダーの普及や車の安全装置が充実したことにより重大事故や死亡事故は減少しております。ですが、ハンドルを握るドライバーの安全に対する意識が希薄ですと交通事故は起こるべくして起こると言えます。今一度、安全の再確認と交通法規を遵守した交通事故の撲滅に向けた環境を整えましょう。

                                       

20170603_130817 20170603_130848

20170603_13462920170603_134634

ゴミゼロ運動!ポイ捨て禁止!29.6.3

2017-06-05

そろそろ関東地方でも梅雨入りが間近となった6月3日(土)天気に恵まれたなか、弊社恒例の[ゴミゼロ運動]が開催されました。

3年前より5月30日の語呂合わせ(ゴミゼロ)で5月30日に近い土曜日にドライバーさんを中心に奉仕活動を続けております。過去2回は弊社のモータープールに隣接する国道51号線のゴミ拾いをしました。

今回は、本社営業所近隣の市道や住宅地を拾い集めました。草刈をしていた近所の女性(おばちゃん)に「こんにちは」と声をかけるドライバー、すると数人のドライバーも挨拶をする光景は微笑ましく感じられました。

ざっと1時間程度の奉仕活動でしたが、ドライバーさん達の様子を伺っていると、やらされ感でイヤイヤな感じで参加している姿が見受けられず良かったなと思います。

日頃より公共の道路を使用することで商いが成り立つ運送業ですので、道路に感謝の念を持ちポイ捨てはやめましょうね。

20170603_110452                      20170603_110627

20170603_111027 20170603_111914

20170603_112953 20170603_113531

20170603_112357 20170603_114552

千葉県トラック協会印旛支部通常総会

2017-05-22

少しご無沙汰してしまいました。昨日お逢いした方より「社長ブログ」たまに見ておりますとお声を頂きました。

この時期はとかく総会が多い時期でありまして、5/20に千葉県トラック協会印旛支部通常総会が成田市内のホテルが行なわれ、トラック協会加入10年目にして始めて参加したのです。

参加理由のひとつに「平成18年度優良従業員表彰」で、この度、弊社の社員を印旛支部に推薦致しました。推薦理由は、入社来16年間安全運転に徹し無事故を継続した模範となる社員です。

5/21で満60歳の誕生日を迎え、長きに渡り運送業界に貢献してきた功績を称えてあげたいと思いました。

印旛支部は4つのブロックに区分けされており、弊社は成田ブロックに属しております。各ブロックより1名づつ総会に招待され成田地区代表として弊社社員が支部長より表彰を受けました。

弊社は満60歳が定年となりますが、見た目が若く、何よりお話し好きで健康面にも問題が有りません。

定年後はゆっくりと休んで頂きたいところでは有りますが、本人の意思を尊重し継続雇用とします。

くれぐれも健康に留意され頑張れる間は、宜しくお願いします。

20170520_144021 20170520_161219

20170520_161434 20170520_161440

先進物流企業視察セミナー2017In石川

2017-04-17

船井総合研究所のLPS(ロジスティクスビジネス経営研究会)では毎年各地の先進物流企業視察セミナーを開催しております。

今年は4月11日~12日の2日間、石川県金沢市と白山市の企業を4社視察しました。私は都合により12日の3社のみとなりました。

1件目に視察した鷺富運送様は食品に特化し北陸3県を中心に共同配送を手がけております。

かつては、多岐に渡り貨物を取り扱っていたとのことでしたが、約6年前に業績の悪化にともない大きな決断をされ『業務」と「社員」を大幅に入れ替えました。

拝聴していて私には決断できないほどの大きな賭けであり、会社の存続を揺るがすほどの大改革です。

年間売り上げの約10億円分を撤退(相乗効果がない、食品以外から業務からほとんど撤退)し新たに13億円を取り込むことに成功されました。

自社を身軽にする目的でトラックと人(入れ替え)を減らしスリム化を計ったとのことです。

20170412_113420 20170412_114620

2件目はトラック架装メーカーのトランテックス様で、弊社の日野車にトランテック製のボディーがあります。

旧社名を日野車体といい日野自動車の子会社として日野車のみの扱いでしたが、現在では他のメーカーの生産をしておりますが全体の70%は日野車とのことです。

工場内は機密事項があるので写真撮影はできませんでしたが、工場での労災事故は致命傷になりかねません。

安全面の徹底ぶりや組織と社員が一体となった安全対策には余念がなく安全改善事例、安全パトロール、ルール化といった社内整備が見える化されることで、会社を守り仲間を守る事に繋がっておりました。

20170412_142651 20170412_144743

3件目はトラック輸送と倉庫センター運営をされているビーイングホールディングス様で、今から30年前に現社長が1台のトラックとご自身1人でスタートした会社がグループ年商150億円に成長させております。

それも人口が少ない石川県での商圏ですので社長の手腕のすごさに驚きます。

300年企業を目指して勝ち抜いていく手法を常に生み出されております。

センター内作業の効率化やオートメーション化の推進(特許出願中のマテハン機器など)物流管理室には大型モニターが並び庫内状況のモニタリング・庫内作業進捗・出荷納品作業の進捗・道路状況が一目で分かるように整備されております。

20170412_155602 FB_IMG_1492006724267

20170412_160146 20170412_155706

20170412_155701 20170412_161244

20170412_161316 20170412_155035

20170412_160432

3社を視察し、地元に根ざした企業風土が社員はもとより地域の皆さんに愛され親しまれることで地方企業の活路に繋がっていると思う視察でした。

放浪の旅日記 富山編

2017-04-15

今年の桜は予想外に咲くのが遅く4月中旬になっても、お花見が楽しめるのは嬉しい事です。

4月は新年度の切り替わりですので気持ちを新たに目標を定め頑張っていく所存です。(前年度の反省を忘れずに!)

さて、4月11.12日と石川県で物流視察参加の為、10日に富山県入りをしました。(運送会社のオヤジですので車で行きました)

北陸の桜がちょうど見ごろの満開で川沿いの桜並木はとても綺麗に咲き誇っておりました。

私の放浪の旅で日本全国津々浦々(少し大げさでした)巡った中で、こんなにも目に焼きつき感動した風景が標高1.855m~3.015m(立山)級の山々が折り重なるようにそして迫り来る様に感じる立山連峰に見とれてしまいました。

20170410_154026 20170410_153233 20170410_155707

(写真で臨場感を堪能して下さい。)

今回表敬訪問させて頂いた運送事業者は富山県トラック株式会社吉澤社長様(富山市)です。私と富山県トラック様とのご縁は、9年位前に物流研究会に参加した際に、当時の東京営業所所長様と名刺交換させて頂きました。

その後に吉澤社長様の『社長ブログ』を拝読し感銘を受けSNSを通じご縁を頂きました。機会があれば一度表敬訪問したいと思うものの、場所が富山県となるとそうそう行けるエリアでは有りませんでした。

今回の石川県物流視察と合わせて伺おうと思い、10日の夕方に訪問するアポイントメントを吉澤社長に取らせて頂いたところ、あいにくご不在とのことでした。吉澤社長様のご配慮で役職者がご対応頂けることとなり、貴重なお時間をお借りしました。

ご対応下さったおひとりが9年前に名刺交換させて頂いた方でした。富山県トラック様もかつては私が学ぶ物流研究会に所属しておりましたので、研究会の近況について盛り上がる話が出来ました。

話題の中心となる話はコンプライアンス遵守で長距離輸送がメインとなるので労働時間の管理に苦慮されておられるようでした。

トラックドライバーの長時間労働は日本全国共通していることで、特に九州や北海道など首都圏に遠いエリアほど守りきれないのが現状です。それらの苦労話しと双方の安全への取り組みやドライバー教育などについて時間を忘れてしまうほど談義しました。

そこえ吉澤社長様が急ぎ足でお戻り下さり、初対面する事ができました。

20170410_180540 20170410_181019

その後、構内のご案内を頂き事務室から表に出て駐車場に駐車している乗用車のタイヤに車輪止めされているのを発見しました。(弊社でも業務に使用する乗用車には車輪止めしています)

すると驚く事に構内に停められている社員さんの乗用車全てに車輪止めが徹底されており、お帰りになられた吉澤社長様の乗用車もされているでは有りませんか。

過去に多くの事業者を訪問しましたが、乗用車(個人所有)に車輪止めをしている会社を初めて見ました。

ここ最近トラックの車輪止めをしている光景を見かけますが、管理者の目が届く場所では輪止めをしても、一歩外に出て監視の目がない場所だと怠慢してしまうことがあります。

常に車輪止めを意識させる事で安全への意識が高まり車輌事故を起こさない環境をつくっているのだと思いました。

トラックの車輪止めにもひと工夫されており、輪止めをロープ(紐)でつなぎ運転席に引き込みハンドルに掛けております。

その理由は、待機中に移動する時のうっかりミスを防止する為でした。ハンドルにフックが掛っていると云う事はタイヤ止めをしている事となります。

車輪止めひとつの工夫でドライバーの意識の方向付けや見える化で一体感を計っているのだと思います。

20170410_174517 20170410_174042

倉庫内にも安全対策が随所に垣間見る事ができ、また5S活動が徹底され整理整頓が行き届き作業の安全が確保されております。

手の器用なスタッフがおられ、手作りで使い勝手の良い道具を作ることで作業効率を高めておいででした。

企業訪問で自分の目で確認し話を聴くことは、身を持って勉強になります。有意義な時間を共有できました事を嬉しく感謝申し上げます。

20170410_175339 20170410_175902

雪国ならではの自家用除雪機(ショベルカー)

20170410_181259

働き方改革の賛否!

2017-03-24

とかく最近のニュース報道の話題は某学園を巡る政治がらみの問題と政府が推し進める「働き方改革」でしょうか。

国をあげての長時間労働是正が始まり困惑を隠せない企業が多いのではないでしょうか。

誰しもが長時間労働を歓迎している訳ではなく、業務の一環であったり、サービス過剰に対応しないと商いが成立しない嫌な現状があります。

長時間労働が起因とされるストレスが大きな負荷をもたらし社員が自殺する事件が現実起きております。

それ以外にも精神障害や脳疾患、心疾患を引き起こす可能性が高く生命や生活に関わる問題が深刻化しております。

トラック運転者はハードな動きに加え長時間労働の疲労困憊がかさむと重大事故につながりかねません。

日本人は世界でも有数の勤勉な国民として認知されているが、その国民性が日本の経済発展に大きく寄与し、今日の不自由ない国民生活が保てていると思うのです。

日本の総人口の減少と少子高齢化が更に加速すると労働力の減少により、働き方そのもの自体が大きく変貌しそうです。

お国のやることですから見守る事しか出来ませんが、本音穏やかでは有りません。

政府は、時間外労働の上限を月60時間(年720時間)とする方針を決めトラック運転者などの「適用除外」業種についても猶予期間5年を設けて適用することとなる。

繁忙期の場合は最大で月100時間未満に設定することが出来るが、年間で720時間を超えてはならない。政府の働き方改革に基づく労働基準法改正は、トラック運転者の労働時間管理に関しては半世紀ぶりの大改革となりそうである。

現行の改善基準告示ではトラック運転者の年間総拘束労働時間は最大で3516時間と定められている。

1ケ月平均で293時間が基本となり、1日8時間労働で月平均20日勤務として計算すると年間総労働時間は2640時間。つまり現在より876時間少なくなる。

今のトラック業界は人材不足と長時間労働の危機に立たされているのに、罰則が加わり労働時間が短くなれば、トラックの輸送形態は言うまでも無く、国民生活に、産業活動に大きな変化をもたらす事になるだろう。

4月より商品の小売価格の値上げがニュースで報じられておりましたが、理由のひとつにドライバー不足が関係するとありました。

3月は引越シーズンの繁忙期であるが大手引越専門会社は前年の8割程度に受注を減らす方針で、社員の長時間労働を減らす「働き方改革」の一環だそうです。

安全輸送と永続した輸送関係を維持する上では荷主様の絶大なるご理解が重要なポイントになると思います。

(一部物流新聞より抜粋)

ISO39001第1回目サーベイランス審査 2017/3/10~3/11

2017-03-13

2月に2年に1度のグリーン経営認証実地審査が行なわれブログに書きました。

昨年4月に認証登録したISO39001(道路交通安全マネジメントシステム)から早1年が経とうとしております。

その間に内部監査を2度実施し、これらの運用や活用が適切に行なわれているか、ISO審査会社審査員が2日間に渡り厳しくサーベイランス審査があります。(内容的には初期審査と同じ)

ISOには書類が付き物で弊社のISO責任者加藤主任が資料作成に余念がない毎日でした。(審査日数日前までインフルエンザで休んでいたので尚更大変な様子でした)管理資料が出来上がり審査の当日を向かえ緊張が高まり不適合が無く終了することを願うばかりです。

1日目は資料確認と成田空港に出向いてフォークリフト作業の安全性と安全会議やヒヤリ・ハットの共有について審査がありました。

2日目は車庫において対面点呼と日常点検の実施について審査が行なわれ、その後は本社でPDCAの運用や車輌事故・新人社員の教育と採用時の必須事項について審査がありました。

運転日報(デジタコ連動)から確認できる拘束労働時間や長時間運転・休息期間などの審査ですが、一番の悩みの種である拘束労働時間の壁が立ちはだかる現実をどう改善できるかが最大の問題点であります。

例えば1日の拘束労働時間16時間を超える運行はあってはならない!運行上厳しい一面があるのは事実だが、ドライバーの肉体的、精神的負荷を軽減していかなくてはならない。管理職とドライバーが理解を深め最大限の努力をしなくてはなりません。

今年は「安全性優良事業所Gマーク」の更新年であるので、共通する要項はクリアできるように努めてまいります。

FB_IMG_1489357311616  FB_IMG_1489357328923

20170310_132752

20170310_162516 20170310_161959

FB_IMG_1489357254756 FB_IMG_1489357263072

« 過去の記事

お問い合わせ

社長ブログ

スタッフブログ

Facebook

Copyright© 2012 株式会社ロジックスライン All Rights Reserved.